本郷奏多が「ダウンタウンなう」に登場

写真拡大

毎週ゲストと酒を酌み交わしながら本音でトークする「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の企画「本音でハシゴ酒」。12月1日放送のゲストとして本郷奏多が出演、その超こじらせた生態が明らかになった。

【写真を見る】坂上忍に説教を食らった本郷奏多

本郷は、「GANTZ」「進撃の巨人」「鋼の錬金術師」など、話題のアニメ実写版映画に多数出演しているクールなイケメン俳優だが、超こじらせた数々の伝説を持っているという。

まずは、坂上忍が引くほどの超潔癖症。飲み仲間の夏菜に「エレベーターのボタンどうやって押すの?」と聞かれると「スマホの角とかで」と度を越した答え。松本人志に「便座シート絶対使うよね?」と聞かれると「使います。前回使ったおじさんと間接的にお尻を合わせてるから…」とまたもや独特の表現で回答。

次に、全く彼女をつくろうとしない。「職業柄、人気商売だと思うので、彼女をつくることによって生まれるメリットよりデメリットの方が絶対多いと思います。それをてんびんに掛けると、つくる意味ってないんじゃないかなと思っちゃう」と明かし、浜田雅功に「おまえ、すごいヤツやな!」と驚かれる始末。

そして、撮影現場ではいつも独りぼっち。「撮影現場で待ってる時、隣で役者さんとかが待ってたら、話し掛けてくれることはうれしいんだけど、別に僕としゃべりたくはないと思うんです。

和ませてあげようとか、沈黙がイヤだから、気を使って話し掛けてくれてると思うと、それだったら最初から目に見えない所に独りでいた方が、皆さんに気を使わせなくていい」と言う本郷だが、「この間主演したドラマで気付いたら、僕が知らないうちに僕以外でLINEのグループができてた」と告白。

夏菜に「それ、ショックじゃなかった?」と聞かれ「すごいショックでした」と肩を落とし、一同に笑われていた。

次回は12月8日(金)夜11時から。夏菜、田中みな実、ホラン千秋らが登場する特別編をオンエア。(ザテレビジョン)