出典:https://www.shutterstock.com

彼に愛され、いつまでも一緒にいるためには、彼を喜ばせることが大切です。

しかし喜ばせるだけではなく“やってはいけないこと”を知っておくことで、思わぬトラブルを防げるかもしれません。

そこで今回は、“彼氏に愛されるためにやってはいけないこと”をご紹介します。

 

■「嫉妬」をさせようとする

嫉妬は恋愛のスパイスになることもありますが、わざと嫉妬させるような行動はおススメできません。それで彼の気持ちを盛り上げようとしても、最終的には男性側に、“どこか腑に落ちない気持ち”が残ってしまうはず。

他の男性と仲良くしたり、言い寄られていることを彼に言うのは、男好きだと思われてしまう可能性も。あなたへの見方が変わり、彼の愛情が冷めてしまうような危険も秘めているため注意が必要です。

 

■「不満」を飲み込む

彼のことが大好きだからこそ、嫌われたくないという思いが強くなり、不満に感じていることがあってもいつも飲み込んでしまう。それでは残念ながら、いい恋愛にはなりにくいでしょう。

溜まった不満はストレスになるだけですし、そのストレスが大爆発したときには、すでに修復不可能な状態かもしれません。不満はちゃんと吐き出して、お互いに改善すべきところは改善していける関係性になれたら、いつまでも愛してもらえることでしょう。

 

■いつも彼に「疑い」をかける

今の関係を失いたくないからこそ、「浮気をされていないか」と心配になってしまうことがあるかもしれません。でも、そのことで彼に疑いをかけてばかりいると、いつまで経っても信頼関係は築けないままでしょう。

もし本当に彼が浮気をしていない場合、何も悪いことなどしていないのに、頭ごなしに疑う彼女に不信感を抱いてしまうかも。疑いから入るのではなく、信用しようとする姿勢が大切です。信頼を寄せてくれている彼女に対しては、彼も「裏切らないようにしよう」とも感じるものですよ。

 

■すぐ「別れ」を口にする

ちょっと言い争いをしたり嫌なことがあったりする度に、「じゃあもう別れようか」とか「もう付き合っていけないかもね」なんて言ってしまうのもNGです。本気で言っているわけではないのでしょうが、“別れ”を簡単に口にするのはあまりいいこととは言えません。

やはり“別れ”という言葉には重みがありますし、「本当に別れを考えているのかな」と彼が不安に感じてしまうかも。言う方と言われた方では、受け取る重みがかなり違う言葉なので、不用意に口にするべきではないでしょう。

 

いつまでも愛される女性になるためには、素直でいることと、彼と対等な関係性でいることが大切です。パートナーとして手放したくないと思われる女性になれたら、彼もずっと愛情を注いでくれるはずですよ。

【画像】

※ George Rudy/shutterstock

【関連記事】

※ 【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

※ イラっとする…「年上彼氏」が実は嫌がっている5つのコト

※ 破局の原因にも…やってはいけない“同棲中”のNG行為