「桔梗信玄餅アイスバー(写真:赤城乳業の発表資料より)」

写真拡大

■赤城乳業は山梨県の銘菓「桔梗信玄餅」と初コラボ商品発売 赤城乳業は、山梨県の銘菓・桔梗屋と初コラボし、「桔梗信玄餅アイスバー」を12月5日より期間限定で全国発売する。もち菓子と黒みつソース入りで、「プレミアム桔梗信玄餅アイス」が、ステイックタイプになったかたちだ。6本入り1箱500円(税別)。

■商品特長 「桔梗信玄餅アイスバー」 56ml×6本 500円 きなこ味のアイスキャンディーに、もち菓子、黒みつソース、きなこアイスが入ったもの。抜群のインパクトで、もち菓子と黒みつソースが、アイスと一緒に味わえる。

 国産のきなこを使い、黒みつソースにこだわり、濃い黒蜜「桔梗信玄餅」をイメージし、ミネラル豊富な黒糖を使用している。

 「プレミアム桔梗信玄餅アイス(カップ)」は、ご当地アイスグランプリ2016で最高金賞を受賞。手軽に食べられるように、ステイックタイプが開発された。

 「プレミアム桔梗信玄餅アイス」は、「やまなしギフトコンテスト2015」で最優秀賞受賞。「ご当地フードグランプリアイスクリームグランプリ2016」で最高金賞受賞。ご当地性審査賞1位・ビジュアル審査賞1位・味の評価審査賞1位・購買欲審査賞1位、個別表彰4部門すべて1位を受賞している。

■「桔梗屋」とは 桔梗屋は、明治22年の創業以来、127年の伝統がある山梨を代表する銘菓の老舗。「桔梗信玄餅」は、観光庁が主催で外国人を強く意識させた「VJC魅力ある日本のおみやげコンテスト2005」で、銀賞を受賞。また、「桔梗信玄生プリン」は、「おみやげグランプリ2015」でグランプリを受賞するなど、日本を代表する土産物として有名。

■「赤城乳業」とは 赤城乳業は、「ガリガリ君」でで知られるアイスクリームメーカー。1963年にカップの「赤城しぐれ」が大ヒットし、片手でかき氷が食べられるように、現在のステイックタイプになっている。

 今後も「あそびましょ。AKAGI」の企業メッセージを伝えるために、手軽に楽しんでもらえるアイスを提案する考えだ。