Appleは現地時間12月1日、開発者と登録ベータテスター向けにmacOS High Sierra 10.13.2ベータ6をリリースしました。この最新ベータ版では、パスワードを入力しなくても、ルート権限としてログインできてしまう深刻な脆弱性が修正されています。

セキュリティアップデートで対応

Appleは、現行の正式な最新版であるmacOS High Sierra 10.13.1のセキュリティアップデートをリリースし、このバグに対応していますが、macOS High Sierra 10.13.2のバグについては、今回のベータ6でようやく修正されたことになります。
 
Appleは同日、開発者と登録ベータテスター向けに、iOS11.2ベータ6も公開しています。

開発者、登録テスターは即時アップデートを

macOS High Sierra 10.13.2ベータを搭載したMacを使用している開発者および登録ベータテスターは、最新版であるベータ6へのアップデートを大至急行うことが推奨されています。
 
Appleはセキュリティパッチを公開した際、開発プロセスでこのような深刻なバグを見過ごしたことを謝罪し、今後同様の問題が起こらないよう努力する、とコメントしています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)