いろいろな音源をいい音で楽しむための最新小型オーディオシステム

写真拡大 (全3枚)

 ネットからのダウンロードや音楽配信サービスなど、音楽を楽しむスタイルはCD主体から大きく変わっている。これらに対応してさまざまなオーディオシステムが登場しているが、オンキヨー(オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン・東京)では、より簡単に楽しめる機能を加えつつ、音質の要となるパワーアンプの性能をアップさせたCDネットワークレシーバー「CR-N775」を12月上旬に発売する。CR-N775はCD再生やFM/AM受信に加えて、ハイレゾ音源やインターネットラジオ、ストリーミングサービスが楽しめるネットワークプレーヤー機能を備えている。

 まず、ハイレゾ音源では、ハイレゾ音源の配信サイト「e-onkyoミュージック」からの自動ダウンロード機能。スマホを使って同サイトからハイレゾ音源を購入するとN775につないだ外付けHDD(別途、市販品を購入)にダウンロードされるというもので、パソコンが要らない。

 インターネットラジオは「radiko.jp」とそのプレミアム版(有料)の聴取が可能。ストリーミングサービスでは、「Spotify Connect」に対応している。また、iPhone/iPad/iPod touchの音楽コンテンツが聴けるAir Playもできるので、これらのデバイス/アプリを通しても、ほかのインターネットラジオなどのサービスを利用することができる。

 なお、本体には小さなカラー液晶ディスプレイとJOGダイヤルを備え、たくさんのソースを簡単な操作で楽しめるようになっているし、スマホから操作できるコントローラーアプリを用意しているのもうれしい。

 オーディオ部については、内蔵のクラスDアンプはより強力でノイズを抑えられる独自の回路方式を導入。デジタルファイルを音楽信号に変換するDAコンバーターには高級機にも使われる高性能デバイス(AK4490)を投入、またDSD11.2MHzをPCM変換しないダイレクト再生もできるようになっているのもポイントだ。

 CR-N775は、組み合わせの小型2ウェイ・スピーカーシステム「D-112NFX」、「D-012EXT」も同時発売。いずれも価格はオープンで、市場想定価格はN775が6万円前後、D-112NFXが4万6,000円前後、D-012EXTが2万7,000円前後、いずれも税別。