にんじんの中華ポタージュ

写真拡大

フランス語で「とろみのついた濃厚なスープ」を指す「ポタージュ」。食べごたえもあり、心も体も満足できるメニューです。今回はそんなポタージュのレシピの中から、15分以内でできるものをご紹介。手間なく簡単に作れるので、休日のブランチなどにもどうぞ。

ほかにもいっぱい!「ポタージュのレシピ」をチェック!

 

■ 味も体にもやさしさあふれる「にんじんの中華ポタージュ」

<材料2人分>

にんじんのすりおろし…小1本分(約150g)、万能ねぎの斜め切り…適宜、とりガラスープの素…大さじ1/2、サラダ油、塩、こしょう

<作り方>

1.鍋に油大さじ1/2を熱し、にんじんを入れて約1分炒める。

2.水1カップ、スープの素を加えて約3分煮て、塩、こしょう各少々で調味する。器に盛り、万能ねぎをのせる。

にんじんをすりおろしておくのが時短ポイント。鶏ガラスープと一緒に少し煮立てるだけで中華ポタージュの出来上がりです。

 

■ 隠し味の豆乳でまろやかに「かぶの和風ポタージュ」

かぶは煮た後にミキサーにかけると口当たりがよくなり、食べやすくなります。みそを加えてかぶの美味しさアップ。

 

■ ほっと穏やかな気分になれる「かぶ豆乳ポタージュ」

かぶは栄養たっぷりの皮も一緒に入れます。豆乳ベースだから栄養満点で体にやさしいです。梅のトッピングがアクセント。

 

■ シナモンの香りがほんのり「かぼちゃのポタージュ」

かぼちゃを煮た後ミキサーでピュレ状に。とろりとしたなめらかな触感になります。

 

■ 野菜そのものが味わえる「カリフラワーのポタージュ」

カリフラワーを一度バターで炒めてコクをプラス。カリフラワーの甘さがより引き出されます。体の芯からぽかぽかに。

どのポタージュも体が温まり、これからの寒い日々におすすめです。ぜひ試してみて。(レタスクラブニュース)