健太郎×佐田正樹が語る、『デメキン』への情熱 健太郎「今思うとあれはガチ喧嘩でした(笑)」

写真拡大

 映画『デメキン』が本日、12月2日より公開されている。本作は、お笑い芸人・バッドボーイズ佐田正樹の半生を綴った同名実録自伝小説・コミックスを実写化した青春ドラマ。幼少期から“デメキン”と呼ばれ、いじめられていた正樹が、覚悟を決めて拳を握り、やがて福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰める模様を描く。

健太郎、佐田正樹ほか画像

 リアルサウンド映画部では、主演を務める健太郎と原作者の佐田正樹にインタビュー。本作への想いや、撮影秘話、ほかの不良を題材にした青春ドラマと本作の違いなどについて、じっくりと語ってもらった。

■佐田「バイクのシーンは実際の不良たちが観ても共感できる」

――これまでにも映画『クローズ』や『ドロップ』など、不良を題材にした青春ドラマは数多く製作されてきました。本作ならではの魅力を教えてください。

佐田正樹(以下、佐田):一番は、実際に存在する人物が登場する、実話という部分ですかね。『クローズ』は漫画原作であり、フィクションなので。『ドロップ』も品川(ヒロシ)さん自身のお話ではありますが、暴走族を題材にはしていないですよね。『デメキン』は、僕が乗っていたバイクをカラーリングし直したものに健太郎(正樹)が乗っています。特攻服も当時の写真から忠実にデザインを再現しているので、そういったリアルさを楽しめるのかなと。特にバイクのシーンは実際の不良たちが観ても共感できるような、あるあるネタを入れているんですよ。

 たとえば、エンジンを吹かす時。健太郎(正樹)がちょいちょい手を振っているんですが、実際にバイクに乗っていると手が痛くなって、ああいう仕草をよくするんですよね。あとは、バイクに乗っている時に「おおおおおぉい」って叫びながら「バイクのガソリンが切れそうやから、ちょっとガソスタ寄って〜」みたいな会話や、「お前リザーブ切り替えろって!」「何? リザーブって」「お前リザーブも知らんねや!」とか、本当に走りの時によくしていた話をセリフに入れていただきましたね。

健太郎:僕は『デメキン』を漫画や小説の実写化という感覚ではなく、佐田さんの人生のお話を僕らが代わりに演じて伝えるんだ、という意識でお芝居をさせていただきました。そこが、ほかの作品とは最も違う部分だと思います。

――実際に佐田さんが着ていた特攻服も白ということですが、汚れは気にならなかったのでしょうか?

佐田:すぐ汚れるんですよ。だから、僕のお母さんが洗濯してくれてましたね。

健太郎:そのエピソードいいですよね。

佐田:ピシっとアイロンまでかけてくれて。めっちゃ、お母さんに怒りましたもん。「何しよんね!」「汚いから洗濯したよ」「お前特攻服は血で汚れてなんぼっぜ」「汚いもんだって」って(笑)。

健太郎:部活のユニフォームを洗う感じですよね(笑)。理解のあるお母さん、素敵です。

――健太郎さんは今回初主演ということですが、主演を務める上で何か意識したことはありますか?

健太郎:これまでに、主演の方がみんなを引っ張っていく姿を、何度も目にしてきたので、最初は僕に務まるのかと不安でした。でも、佐田さんが当時のことを楽しそうにお話されるので、そんな素敵な人生を歩んできたのなら、僕らも『デメキン』の世界を純粋に楽しむことが大切なんじゃないかと気づいたんです。だから、まずは主演である僕が、『デメキン』に対しての想いを誰よりも強く持とうと思いました。そうすれば、みんなも自ずと付いてきてくれるのではないかと。仲間たちのことを信じて、ただただ楽しんで正樹として生きていました。あとは、最初の本読みの時にみんなの前で、「付いてきてください!」って宣言しました。その時はそれしか術がなかったので。

――佐田さんは本作を観て、どう思いましたか?

佐田:僕は最初に、映像だけを繋いだ、音が入る前のものを観せていただいたんですが、うわっ、本当に映画になってる! って驚きましたね。僕が知らないシーンもたくさんあったので。お笑い芸人という職業柄もあってか、素直に“自分の映画だ”とは観れないんですよ。もうちょっと歳いったらわからないですが。撮影現場にもよく足を運んでいたので、僕も作り手側の一員と言いますか、どうしてもそっち側の目線になってしまうんですよね。だから、自分がウケるやろうなって思ってたシーンで、会場から笑いが起こると、めちゃくちゃ嬉しいんですよ。自分の映画というよりも、みんなで作った作品という想いの方が強いですね。もし僕が一般人だったら、また違う感情を持っていた気がします。

■健太郎「リアルな言葉を聞けたからこそ、生まれた感情や表情がある」

――健太郎さんが佐田さんの役(正樹)を演じていますが、佐田さんから健太郎さんにアドバイスしたことは?

佐田:方言と喧嘩でがなる(怒鳴る)時くらいですかね。「ああん? ゴラァ! 貴様コノ!」っていう。

ーー方言は苦労しましたか?

健太郎:そうですね。日常生活で博多弁を使うことや耳にすることが、あまりなかったので……。事前に方言でのセリフが入ったCDをいただいたので、それを聞いたり、佐田さんや方言指導の方に教えていただいたりしていました。ヨージ役の田中偉登くんは大阪の出身なので、微妙なニュアンスが大阪弁に引っ張られて苦労していました。やっぱり方言が違うと物語も入ってこないと思うので、なるべく忠実に再現できるように心がけました。

佐田:健太郎の方言、よかったですよ。僕は地元が舞台になっている映画とかドラマを観た時に、たまに「全然違うじゃん。関西弁なんやけどな」って思うことがあって、それが嫌だったので、監督と一緒に方言には力を入れましたね。

健太郎:方言だけでなく、僕は当時のことを佐田さんから直接お話を聞けたことが、とても参考になりました。やっぱり、本で書かれている以上の感情があったと思うので。たとえば、大八くん(黒石高大)との出会いのシーン。実際のあの時のことを佐田さんは「オーラが半端なく、鬼を見ている感じだった」とおっしゃっていて、そういう言葉をお聞きすることで、僕はより一層正樹になれると言いますか、気持ちが盛り上がっていきました。アキ(今田美桜)から厚成(山田裕貴)の過去や今を聞くシーンも、最初に台本を読んだ時は、自分の中で最大限の感情を持っていこうと思っていたのですが、佐田さんから当時のお話を聞くうちに、それをさらに飛び越えた感情が自分の中に芽生えました。リアルな言葉を聞けたからこそ、生まれた感情や表情はたくさんあります。

――感情の表現で言うと、福岡連合の二代目総長に正樹が決まった時、初代総長の大八から特攻服を渡されて羽織るシーンが印象的でした。

佐田:健太郎が一番好きなシーンですよ。

健太郎:大好きなシーンです。あのシーンは物語の中でも、ターニングポイントの一つです。前に出て特攻服を受け取ってバッと後ろを振り向いた時に、最初に厚成が目に入りました。総長になった正樹を見て、ちょっと泣きそうになりながらも、素直に喜んでいるんですよ。それを見て、本当に嬉しくなって、胸が熱くなりました。厚成は負けず嫌いですし、いつも正樹と競い合っていたから、自分が総長になりたかったっていう悔しい気持ちも絶対にあるはずなのに。厚成や幻影のメンバーをはじめ、自分がこれから背負っていかなければいけない仲間たちがそこに並んでいて、ここにいるみんなのために頑張らなきゃという気持ちになりました。自分自身が正樹と完全にリンクした瞬間でした。

――印象的なシーンで言うと、野性爆弾くっきーさんが登場するシーンは強烈でした。あのシーンはアドリブなのでしょうか?

佐田:アドリブですね。どういうのがいいですか? って聞いたら、くっきーさんが「もう、一回で撮りたいな」って言うから、監督にお願いして、どれくらい動くかだけを伝えて引きで撮ったんです。撮ったのを確認しながら、「ここ使います。さっきのセリフもう一回お願いします」っていう感じで、似たようなシーンを何回か撮影しました。健太郎が笑っちゃってNGになったのもありましたね(笑)。

健太郎:あれは笑わないでいるのがキツかったです……。これまでの役者史上、最も辛いシーンでした。

佐田:セリフがないから、くっきーさんが何を言い出すかわからないんですよ。

健太郎:テスト、ドライ、本番で毎回違うことをされるので、対処法がわからなくて……。あらかじめ用意していても何の意味もなくて、構えれば構えるほど面白くなってきちゃうんですよ。本当にもう意味がわからなかったです(笑)。眼鏡を急に変えたり、「きったないな」とか言い出したり、保健所が何だとか喚き出したり……どうしていいかわからなくなっちゃって(笑)。

――くっきーさん以外の山田(裕貴)さんや健太郎さんのセリフもなかったのですか?

佐田:全部アドリブです。

健太郎:山田さんも「俺もうキツイから健太郎に任せた」って言って、「ちょっと」とか以外はずっと喋らないんですよ。俺かよ! と思いながら必死に笑うのを堪えて模索していました。本当に面白くて大変でした(笑)。

――山田さん演じる厚成と健太郎さん演じる正樹の熱い友情も、本作の見どころの一つだと思いました。二人の関係性を作り上げていく上で、山田さんとは話し合ったのでしょうか?

健太郎:あえて話し合うことはしなかったです。接していく中で自然に関係性を築き上げていけました。撮影期間が二週間しかなかったので、結構なスピードでグッと距離を縮めさせていただきました。実際は山田さんと年の差が7歳あるので、自分からグイグイいくのも失礼かなと思い迷っていたら、山田さんの方から来てくださって、正樹と厚成のような仲になっていきました。そんな僕たちの関係性が周りにも伝染していき、みんなの仲も深まっていった感じです。あの仲間の雰囲気を作り上げられたのは、本当に山田さんのおかげです。

――実際の関係性も似ているのですね。

健太郎:そうですね。同世代が多いということもあって、撮影の合間もずっとあの感じでした。いつカメラが回っても大丈夫なくらいの雰囲気で過ごしていました。

――登場人物すべて実在している方の名前を使用しているとのことですが、実際の厚成さんとの関係性も本作で描かれている感じなのでしょうか?

佐田:はい、今でも張り合ってます(笑)。ラーメンの替え玉もゲロ吐くまで食うんですよ。一度12杯くらいで吐いたことあります。その当時まだ、ラーメン一杯350円で、替え玉も50円だったので。“小太郎”っていうラーメン屋にいつも食べに行ってたんですが、そこで替え玉どれくらい食うか競い合ってましたね。小学校の時に出会ってから、彼とはずっとそんな感じの関係です。

■健太郎「最後のシーンは、あまり記憶がない」

――では、真木(柳俊太郎)や大八、大沼部(藤木修)らも実在している方なのでしょうか?

佐田:そうです。漫画を描く大沼部くんは、今の僕の相方(清人)です。演じている藤木(修)くんが、本当にあの時のまんま……変な髪型まで再現してくれて(笑)。実際に清人が弁当を食べてる時にムービーを撮って、藤木くんに参考として見せていたんですが、彼は喋り方とかもしっかり再現してくれましたね。

健太郎:大沼部くん、ずるいですよね。最後にいいところを全部持っていきますもん(笑)。

――本作は実話だからこそ、バイオレンスの描写がリアルに感じました。撮影中、特に喧嘩のシーンでは、実際に拳が当たることもあったのでしょうか?

健太郎:ありました。最初の頃は気を付けていたのですが、途中から自然とみんな「もう、当たってもよくない? ほかの仕事に差し支えないように顔だけは気を付けて、あとはもう気にせずやろうよ」という雰囲気になりました。実際に1階から2階、3階と順番に撮影していったのですが、屋上に出た時にちょうど朝日が出ていたんです。もともとそれを狙おうと言う予定で、日をまたいで撮影していたので、その光景を見た時には興奮しました。実は、最後の屋上で忠次(笠松将)とタイマンを張るシーンでは、あまり記憶がありません。とにかく忠次を倒すことしか頭になく、感情が昂ぶっていたので、もう本当にフラフラで。気づいたら全部終わっていました。「あの屋上どうやって上がっていった?」って聞いたのですが、みんな「いや、分かんねえ」って(笑)。そのくらい、トランス状態で撮影していました。変な薬を飲んだ時って、こんな感覚なんだろうなって思いました(笑)。だから、本番では常に当てられ当ててという感じでした。当てられたその瞬間はイラっときますが、当ててもらった方が自分自身も盛り上がりますし、反応もリアルなので、今思うとあれはガチ喧嘩でした(笑)。

(取材・文・写真=戸塚安友奈)