コンクリート・芝シート・砂など、好きな場所で過ごすモルモットたち。人とふれあうイベントの時は、ここからイベント場所まで橋をかけるが、行くかどうかは各モルモットに任せている。強制的に広場に出さないやり方だ(筆者撮影)

福岡県の最南端、かつては炭鉱のまちとして栄えた大牟田市。経営難から一時は閉園の危機にあった「大牟田市動物園」が今、全国的に注目を集めている。キーワードは「動物たちの幸せ」。動物もスタッフもイキイキしていると評判だ。

大牟田市動物園は戦前の1941年に開園した。市民に愛され、来園者数は92年度に40万人を超えたが、2004年度には13万人台まで減少。市が閉園を検討する中、存続を求める市民運動が起こり、2006年度に指定管理者制度を導入した。運営が市から民間へとバトンタッチされたのを機に来園者数は増加に転じ、2016年度は25万人を超え開園以来3位を記録。その背景には、園長を務める椎原春一さんの熱い思いがあった。

椎原園長が進めた改革

子どもの頃から動物が好きで、鹿児島大学で生物について学んだ椎原さんは、26歳で飼育員になると、民間動物園の園長などを経て、2006年に転職した。

「民間運営の動物園は自由度が高く、物事をスピーディに進められる一方で、利益優先でお客さんに迎合するあまり、ショーなどで動物が疲弊していくこともあって……。私は大牟田市動物園で、動物に寄り添う飼育をしたいと思ったんです」

幕開けはドタバタだった。2005年12月の議会で指定管理者制度の導入が決まり、2006年4月から始めることになった。「1月に飼育員を募集し、すぐに働ける人を採用した」という。結果として、専門学校の新卒者など、20代の若者ばかり10人が集まった。実は、日本の動物園には法律上の定義がなく、飼育員の資格もない。「動物が好き」という思いで集まった若者たちだった。


椎原春一(しいはら しゅんいち )/鹿児島大学理学部卒業。1987年に飼育員になり、福岡と鹿児島の動物園に勤務。2006年に大牟田市動物園に移り、2007年より園長を務める。同園は2016年「エンリッチメント大賞」に選ばれた(筆者撮影)

最初に掲げたのは”来園者と動物とスタッフの交流”。

飼育員はできるだけ外に出て、来園者と直接話したりガイドしたりする方針を打ち出した。

「来園者に動物のことを知ってほしかったので。市が運営していたとき、飼育員はほぼ50代で、来園者との交流はあまりなかったようです。ですから、若手がどんどん外に出るようになって、園の雰囲気がかなり変わりましたね、とよく言われました」

来園者数は、右肩上がりで増えた。その後、スタッフの発案で、ユニークな企画を次々と行っている。

例えば、「骨好き獣医のホネ骨ガイド」、肉を食べるライオンを間近で見られる「ライオン舎の裏側探検」、50〜80代の男女ですぐ満員になった「50歳以上のための一日飼育員体験」など。スタッフたちは自ら楽しみながら、来園者と動物をつなぐガイド役となっている。


園に入ってすぐの掲示板で、環境エンリッチメントとハズバンダリートレーニングについて簡単に説明。椎原園長は「これを理解して見ると、より楽しんでいただけますよ」という(筆者撮影)

椎原さんの強い願いから、園のコンセプトは「動物福祉を伝える動物園」に定めた。「飼育動物の幸せな暮らしについて、皆さんと一緒に考え、取り組んでいます」

動物福祉に関する取り組みは2つある。1つは、環境エンリッチメント。

動物園の動物は、野生に比べて居住スペースが狭く、餌や外敵の心配もないため刺激不足に陥り、繁殖行動ができなかったり、他の動物を攻撃したり、正常に発育しないなどの問題が起きやすい。

動物たちの健康が第一

そこで、動物が心身ともに健康に暮らせるように、環境を豊かにする(エンリッチ)工夫を凝らすのだ。例えば、アスレチック設備を作ったり、来園者と遊具を作って与えたり、エサを隠したり食べにくいところに置いたりすることで、動物たちが知恵を使い運動する機会を増やしている。

もう1つは、ハズバンダリートレーニングだ。動物に負担をかけずに健康管理を行うための方法で、日本の動物園のなかで園全体が組織的に取り組んでいるのは大牟田市動物園だけという。採血やワクチン投与、歯のケア、つめきりなど、動物の健康を保つために必要なケアは、無理にやろうとすると動物の心身に大きな負担がかかる。

このトレーニングでは、動物と飼育員が信頼関係を築きながら、少しずつ段階的に前進し、動物が自ら必要な動作をするようになる。例えば、体温計を入れるために自主的にお尻をさし出したり、採血のために寄って来て手足や尻尾を出したりするのだ。

「トレーニングといっても強制的なものではなく、動物をしっかり観察しながらスモールステップを踏み、動物がやってくれたらすぐに褒めることで、どんどん協力してくれるようになります。うまくいかないときや乗り気でないときは短時間で切り上げ、動物に不快感を与えないことも大切なポイントです」


ハズバンダリートレーニングの結果、ライオンは自ら人に近寄り、檻から尻尾を出して採血させてくれるようになった。これにより、病気の予防と早期発見が期待できる(写真:大牟田市動物園)

同園では、ライオン・トラ・ツキノワグマ・マンドリル・サバンナモンキーの無麻酔採血に、国内で初めて成功した。

現在、園では日替わりで、ライオン・キリン・ツキノワグマのトレーニングの様子を来園者に公開している。

「動物福祉を伝える園」として、園外への情報発信にも力を入れている。飼育員が1人ではなくグループで動物を担当するようにしたことで、知識や技術を継承できて、情報がうまく回るようになり発信力が高まった。来園者やネットから好意的な反響が多く、スタッフのモチベーションが上がり、動物たちにもいい影響を与えている。

福祉に共感するスタッフが集まり、新しい知識や技術が加わって取り組みも加速している。

そして、来園者や一般の人にも動物への理解が広まり始めている。「メディアは何か1つを取り上げて“V字回復”と報道されますが、ここ数年でこれら全ての要素が絡み合って、いい方向に流れ出したと感じています」

人気者だったゾウが今から4年前に死んだあと、「次のゾウはいつ来るの?」と来園者にたびたび聞かれ、椎原さんは園としての考えをもっと広めなければと痛感した。

「ゾウは本来群れで広いところで生活する動物なので、もううちの園で飼育する予定はないんです。動物が幸せに暮らせる環境が重要ですから」

来園者の見方を変える情報発信

情報の出し方にも気を配る。「一般的な動物園は“◯◯の赤ちゃんが生まれました”と発信して、かわいい赤ちゃんに注目が集まります。でも、うちでは“◯◯が出産して子育てを頑張っています”と発信することで、お母さんが育児する姿や家族のあり方、命のつながりにも注目してほしいと思っています。ちょっとした情報も出し方で、来園者の見方が変わるんですよね」


キリンは、ふれあいの時間になると人のところにやって来てくれる。キリンが向こうへ行ってしまったら、ふれあいタイムはそこで終了。無理させないのが大牟田市動物園のスタイルだ(写真:大牟田市動物園)

11年前に比べて、園で飼育する動物の種類は3分の2、動物数は半数になったが、飼育員は11人から13人に増えた。動物の幸せを願い、動物福祉にじっくり取り組むためだ。

現在、10の大学と連携して研究を進め、地域の企業や学校とコラボしてオリジナル商品の開発も行っている。

「これからも単に来園者数を増やすのではなく、地域とつながり、人びとに愛される動物園を目指したい。そして、動物の幸せな暮らしにつながる取り組みを、皆さんと共に考え実践していきたいです」

動物園を回ってみると、どの動物も人を警戒することなく、のびのびと過ごしていた。「キリンとのふれあい体験」はキリン自らやって来て、来園者になでられながら気持ちよさそうな表情をしている。ヘビやリスザルのガイドは、イキイキとした動物はもちろん、楽しそうな飼育員の姿が印象的だ。深い愛情に包まれた動物の幸せは、人の幸せにもつながっていると実感した。