中国科学院昆明動物研究所はこのほど、同研究所東南アジア野生動物多様性学科チームが、中国南西部の怒江流域及びミャンマー北部のエーヤワディー川流域で、淡水魚の多くの新種を発見したと発表した。科技日報が伝えた。

雲南省保山市高黎貢山は、中国南西部の生物多様性ホットエリアで、研究者はまず2003−06年にかけて高黎貢山怒江水系の2本の渓流からエキソストマ属の新種を集めた。その後2007−15年に雲南省臨滄市滄源県と永徳県薩爾温江水系の2本の支流からもサンプルを収集した。新種の高黎貢●(堰の土を魚に)はエキソストマ属の10種目で、形状はミャンマー北部のエーヤワディー川水系に生息するVinciguerraeに最も近い。しかし腹びれが肛門まで届くか、あごひげが胸びれに届くか、椎骨の数などの点に差がある。(提供/人民網日本語版・編集/YF)