「鳥貴族」東久留米店(「Wikipedia」より)

写真拡大

 居酒屋チェーンの“勝ち組”に数えられる鳥貴族が28年ぶりの値上げに踏み切ったのは、10月1日のことだ。これまで「280円均一」を売りに人気を集めてきたが、全品298円(税別、以下同)に変更した。値上げの理由は、主に材料費の高騰と慢性的な人手不足による人件費の上昇とされている。

 消費者が気になるのは、この値上げによって毎月の飲み代がどう変化するかということだろう。そこで、鳥貴族の値上げが家計に与える影響について、ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏に話を聞いた。

●鳥貴族の値上げ、1回130円の負担増?

 まず、鳥貴族の値上げ前と値上げ後の価格を整理しよう。前述したように、鳥貴族はビール、焼き鳥、サラダも含め、全メニューが280円の均一価格だった。このほか、2時間の食べ放題・飲み放題プランとして人気の「28とりパーティー」があり、こちらは2800円だ。

 しかし、10月1日からは全メニュー298円となり、「28とりパーティー」改め「トリキ晩餐会」も2980円に引き上げられた。

「単純計算すると、6.4%の値上がりです。ただし、そのまま素直に客単価が上がるわけではないので、実際には4〜5%ほど客単価が上がることが予想できます」(山崎氏)

 鳥貴族の客単価は約2000円と、一般的な居酒屋チェーンの3000〜4000円に比べて安い。この低価格が、若者などに支持される最大の理由だった。それが、値上げによって1回約130円の負担増になるわけだ。ただし、山崎氏は「この負担増だけなら、家計を圧迫することは考えにくい」と語る。

「あくまでも『ほかの居酒屋チェーンに行かず、鳥貴族だけを利用した場合』という限定的な条件になりますが、約130円の負担増なら、鳥貴族に行く回数を1回減らせば家計への影響はない計算になります。『飲みに行く回数を減らしたくない』という人でも、缶コーヒーを3本ぐらい我慢するなどの方法でやりくりが可能だと思います」(同)

 ちなみに、鳥貴族は生ビールにサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」を提供しているのも売りのひとつで、中ジョッキの量は360ml前後だという。「どうしても値上げ分の負担増に耐えられない」という人は、コンビニなどで350mlのザ・プレミアム・モルツを200円で買って飲めば、多少は節約できることになる。

 どうやら、鳥貴族の値上げによる家計への影響は限定的のようだ。むしろ、山崎氏は「鳥貴族の値上げを機に見直すべきなのは、飲み代そのものではなく、飲むことへの『満足度』なのでは」と指摘する。

●「無駄な飲み会」を見直すきっかけに

 この「満足度」とは、なんだろうか。たとえば、飲み会で2000円の料金を支払ったときに、その金額に見合った満足感を得ることができたかどうかである。

「つまり、『満足度』という観点のコストパフォーマンスです。支払い額に応じた満足感があったかどうかを自分に問いかける。もし、そこで疑問が生じたら、それは単に惰性で行っているだけかもしれません。今回のような値上げは、自分の生活スタイルを見直すきっかけになるのではないでしょうか」(同)

 確かに、満足感のない飲み会に2000円を支払うぐらいなら、そのお金を使って、より有意義な時間を過ごすほうがお得感がある。そもそも、飲むことだけを考えれば、いわゆる“せんべろ”に行けばもっと安く多くの量を飲めるのだ。

「2000円以内で好きなお酒とおつまみを買って家に帰り、観たかった映画を観ながらゆっくり1杯やるのもいいですよね。過ごし方は人それぞれだと思いますが、こういう機会に生活スタイルを見直せば、お酒に使うお金も時間も、より満足できるものになるはずです」(同)

 さらに、値上げを理由に、これまで惰性で行っていた付き合い酒の誘いを断るのも、ひとつの手だという。今年に入って値上げした居酒屋チェーンは鳥貴族だけではなく、串カツ田中も7月にビールを390円から399円に、角ハイボールを370円から390円に値上げしている。

 無駄な飲み会に行かないようにすることで、今よりも充実した生活を手に入れられるかもしれないのだ。

●「無駄遣い」は金額の問題ではない?

 もっとも、山崎氏は「すべての飲み会が無駄」と言っているわけではない。

「仕事が終わった後の気分転換として飲みに行き、『また明日からがんばろう』と思えるなら、それはその人にとって有意義な飲み会です。問題は、自分に満足度を問いかけたときにストレスを感じる飲み会です。『職場で同僚や上司に無理に付き合わされている』というような飲み会が、実はあるのではないでしょうか。そうした場に支払うお金は、充実感を得る場合の出費とは正反対の“死んだお金”といえます」(同)

 山崎氏によれば、自分のなかの満足度が低い出費は、金額に関係なく“死んだお金”を使ったことになるという。これは、飲み会に限った話ではない。

「仮に100円の商品を買ったとしても、満足度が得られないなら、それは無駄遣いです。逆に、支払った金額以上の満足度が得られるのであれば、10万円でも100万円でも無駄遣いにはなりません」(同)

 たとえば、映画好きの人がコツコツ貯めたお金で鑑賞用の高価なプロジェクターを購入する。そうした出費は、その後の生活の充実につながるので無駄とはならない。

 このように「使ったお金に対して、『本当にその金額以上の満足感が得られているか』という視点を持つと、お金を使うことを真剣に考えるようになるはずです」(同)という。つまり、意識の持ちようで無駄遣いを改善することができるわけだ。

 鳥貴族の値上げは、惰性で行っていた飲み会から足を遠ざけるなど、生活習慣をあらためる絶好の機会となる。まずは、飲み会をはじめとした出費が「自分にとって意味のあるものかどうか」を見極める必要がありそうだ。
(文=真島加代/清談社)