@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

コンパス発売 リニューアル化に弾み

FCAジャパンは、2016年に開始したジープの「正規販売ネットワーク充実化プロジェクト」が順調に進展し、新型「ジープ・コンパス」の発売日である12月2日時点で、全国23店舗が新コーポレート・アイデンティティ(CI)によるリニューアルを完了すると発表した。


2016年4月に全国のジープ正規販売店名を「ジープ+地名」へと名称変更し、同時に店舗デザインを一新。2017年11月1日から12月2日までのおよそ1ヶ月間に、「ジープ前橋」「ジープ西宮」「ジープ千葉」「ジープ札幌美園」「ジープ石川」「ジープ松山」「ジープ山形」の7拠点が新たにリニューアル。新CIを取り入れた店舗数は全国で計23店舗になるという。


ジープブランドが推進する正規販売ネットワークと商品の充実化プロジェクトは順調に成果をあげており、2017年1月から10月までの累計登録台数は昨年実績を上回り、過去最高となる8195台を達成している。