腕はいいが金には汚い外科医・加地秀樹(勝村政信)が主役の「ドクターY」地上波初登場/(C)テレビ朝日

写真拡大

12月14日(木)に最終回を迎える米倉涼子主演「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54テレビ朝日系)。“衝撃の展開”が待ち受ける最終回を前に、“あの男”が地上波に登場。その男とは…勝村政信演じる、腕はいいが金には汚い外科医・加地秀樹。

【写真を見る】高額の報酬につられて山奥の病院の当直を引き受けた加地/(C)テレビ朝日

「ドクターX」シリーズ人気キャラクター・加地を主人公に据えたスピンオフドラマ「ドクターY〜外科医・加地秀樹〜」の第2弾を、12月9日(土)昼3時15分より、地上波にて初オンエアすることが決定した。

「ドクターY〜外科医・加地秀樹〜」は群れを好み、金を愛し、腹腔鏡のスキルと要領の良さだけを武器に突き進む外科医・加地秀樹が、うっかり金に目がくらみながらも、外科医の本分である手術や治療を成し遂げる姿を描く人気スピンオフ・シリーズ。

第2弾では、少女の霊に呪われているとうわさされる山奥の「穂野倉病院」で当直することになった加地の一夜を、スリリングかつコミカルに描写。「医療ホラーコメディー」という新ジャンルを切り開いた。

今回は全6話を、ダイジェスト版にしてオンエア。加地の当直をサポートする看護師(堀井新太)や、視聴者に強烈なインパクトを残す看護師(飯豊まりえ)、謎の記者(堀田茜)、さらに星田英利、野口かおる、徳井優、岩松了らくせものぞろいキャストが登場。

また、「ドクターX」の主人公・大門未知子(米倉涼子)が所属する「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)、「ドクターX」第4シリーズから変な英語を操るスーパードクター・北野亨(滝藤賢一)も特別出演。“最後の最後まで何が起こるか分からないヒヤヒヤ・ドキドキの物語”を展開する。

■ 「ドクターY〜外科医・加地秀樹〜」第2弾あらすじ

「腹腔鏡の魔術師」の異名を取る外科医・加地秀樹(勝村政信)は、一晩50万円の高額報酬に目がくらみ、山奥の「穂野倉病院」で当直を引き受けることに。だが病院への道すがら、加地は地元の人たちから「何もこんな日に…」と、不穏な言葉を投げ掛けられる。妙に思いながらも、加地は看護師・中田和真(堀井新太)の案内で院内へ。すると、物騒な出来事が続発。

これは何かある…と身震いした加地は中田に詰め寄り、「穂野倉病院」に蔓延するうわさ話を聞き出す。15年前に、院内で“ある事件”が発生。その直後から少女の霊が目撃されたり、怪奇現象と思しき出来事が頻発するようになったという。

少々ビビりながらも、バカバカしいと一蹴する加地。だがその矢先、当直室にかかってきた内線電話を取った加地は、「助けて」という少女の声を耳にする。(ザテレビジョン)