「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジ系)で、日向(井上真央)の恋人・本庄を演じる工藤阿須加/(C)カンテレ

写真拡大

11月28日放送の「明日の約束」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジ系)第7話で、これまでのイメージを一新させるような演技を見せた工藤阿須加が、自身の役作りなどについて明かした。

【写真を見る】工藤阿須加演じる本庄の日向(井上真央)への”暴力シーン”がこちら!/(C)カンテレ

同ドラマは、高校のスクールカウンセラー・日向(井上真央)が、人間関係に葛藤しながら男子生徒の吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリー。

日向の恋人・本庄を演じる工藤は、第7話のラストで日向を突き飛ばしたあげく髪をつかみ、「親を悪く言うな」とすごむひょう変ぶりを見せ、視聴者を驚かせた。

これまで好青年な役が多かった工藤なだけに、このけんまくなシーンの後には、「怖すぎて震える」「かなりショック」といった声がネット上にあがった。

そんな視聴者のリアクションを受け、工藤は「そう思っていただけて良かったです。監督と“キレる”“暴力をふるう”行為を本庄ならどうするか…と話し合い、日向の髪をつかむのが良いのではないか、となりました。殴るよりも、髪をつかまれるショック・恐怖の方が強いと思ったんです」と徹底した役作りを行っていたことを明かす。

また、このシーンについて「本庄は親に対する思いが強い。“自分は見てもらえていない、関心を持ってもらえていない。でも日向は違う。それなのにお母さんの悪口ばかりで、理解ができなかった”。そういったズレや、本庄の中でたまっていたイライラを膨らませました」と本庄の心境を解釈。

さらに、「“親に認めてもらいたい、見てもらいたい”という気持ちは誰しもが持っているのかなと思います。僕の父は普段はすごく優しいのですが、男が『やる!』と決めた事には厳しかったです。高校生くらいまでは、褒めてもらえず、寂しい気持ちや、あまり関心がないのかな…と感じる事もありました。今はそんな事はないですが(笑)。本庄の気持ちは僕自身の中にもあるんだな、と感じています」と自身と本庄を重ねて語った。

12月5日(火)放送の第8話では、態度をひょう変させ怒りをぶつけられ、逃げるように本庄のもとを去った日向が、偶然通りかかった霧島(及川光博)と出くわす。日向は霧島と共に学校へ向かうと、香澄(佐久間由衣)から連絡が入る。しかし、指定の場所に向かうも香澄の姿はなく、香澄はその隙に霧島のかばんからあるものを盗み出す…。

プライベートでも追い詰められた日向が、それでも圭吾の死の謎を究明しようともがいていく。(ザテレビジョン)