オフィス内やビル、病院の中などにアクアリウムが置かれているのを見たことはありませんか?アクアリウムは、熱帯魚などの小さな魚を飼って鑑賞する水槽のことを言います。ストレス社会と言われる今、ストレス解消する方法としていろんな場所にアクアリウムが設置されています。この記事では、アクアリウムの発揮する効果をご紹介します。

1/fゆらぎのリズムによる癒し効果

1/fゆらぎとは、規則性と不規則性がほどよく合わさったリズムのことを言います。河の流れる音や雨音、鳥の鳴き声、風のそよぐ音などがその例ですね。ろうそくの炎などにも1/fゆらぎのリズムがあります。アクアリウムの中で揺れる水草や泳ぐ魚の姿からは、この1/fゆらぎのリズムが感じられるのです。これをじっと見ていることによって、1/fゆらぎからリラックス効果が得られるのです。飼う魚の色にも気を使うと、1/fゆらぎとの相乗効果でよりリラックス効果を高めることができますよ。

アニマルセラピーによるストレス解消効果

アニマルセラピーというのは、動物を飼ったり可愛がったりすることでストレス解消効果が得られることです。犬や猫などの動物は世話も大変ですが、水槽の中で魚を飼うくらいなら誰でも手軽に始められます。もちろん魚とのコミュニケーションは犬や猫のようにはいきません。撫でたりはできませんが、エサをあげたり、泳ぐ姿をじっと見たり…魚には魚にしかないコミュニケーションの取り方があります。「何かペットを飼いたい」という人は、癒し効果が高く世話の手軽な魚を飼ってみてはいかがでしょうか?

カスタマイズできる楽しさや達成感

アクアリウムはただ水槽に魚を泳がせて楽しむだけではありません。水槽の形や大きさを変えれば雰囲気が変わりますし、水草の種類に趣向を凝らしたりレイアウトを工夫したり……。アクアリウムは、本人のセンスによって様々な姿を見せてくれます。もちろん泳がせる魚選びも重要ですね。自由にカスタマイズできるアクアリウムは、自分を表現する楽しさを味わえるのです。自分なりの何かを捜索する趣味として、アクアリウムを楽しむ人も多くいます。

いろんな場所で活躍するアクアリウム

現在アクアリウムは、病院の待合室や美容院の中、学校などさまざまな場所に置かれています。家に置いておけば大人のストレス解消になるのはもちろんのこと、子どもの情操教育の一環にもなりますし、お客様を招いたときの待ち時間にも一役買ってくれます。小さな水槽であれば狭いスペースからでもはじめられます。手軽にストレスの解消をしたい人は、ぜひアクアリウムで魚に癒されてみてはいかがでしょうか?


writer:さじや