10位タイに後退したセルヒオ・ガルシア(撮影:GettyImages)

写真拡大

<オーストラリアPGA選手権 2日目◇1日◇RACVロイヤル・パインズ・リゾート(7,364ヤード・パー72)>
30日(木)から開幕した、欧州・豪州ツアーの共催大会「オーストラリアPGA選手権」。全ての選手が第2ラウンドの競技を終え、日本ツアーでも活躍をみせるアダム・ブランド(オーストラリア)が7バーディ・ノーボギーの“66”でラウンド。スコアを6つ伸ばして、トータル12アンダーで首位タイにつけた。
【関連】“神の子”がグリーンジャケットに袖を通す
ブランドと並び、首位タイには世界ランク13位のマーク・リーシュマン(オーストラリア)が、2打差の単独3位にはグレッグ・チャーマーズ(オーストラリア)が、3打差4位タイにはジョーダン・ズニッチ、ライン・ギブソン、キャメロン・スミス(いずれもオーストラリア)の3人が並んだ。
世界ランク11位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)、2週連続Vを狙うウェイド・オームズビー(オーストラリア)はトータル6アンダーの10位タイに、昨年覇者のハロルド・バーナーIII(米国)は、7バーディ・1ボギーの“66”をマークし、トータル7アンダーの7位タイに浮上した。
【2日目の順位】
1位T:アダム・ブランド(-12)
1位T:マーク・リーシュマン(-12)
3位:グレッグ・チャーマーズ(-10)
4位T:ジョーダン・ズニッチ(-9)
4位T:ライン・ギブソン(-9)
4位T:キャメロン・スミス(-9)
7位T:ハロルド・バーナーIII(-7)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】新ボールのスピン量を最適化するセルヒオ・ガルシアの勝者のセット術