QT突破ならず…肩を落として歩くアン・シネ(撮影:村上航)

写真拡大

<ファイナルQT 最終日◇1日◇有馬カンツリー倶楽部>
大逆転はならなかった。「ファイナルQT」の最終日、トータル8オーバーの89位タイから奇跡を信じてスタートしたセクシークイーンことアン・シネ(韓国)だったが、“71”とようやくアンダーパーをマークしたものの、結果はトータル7オーバー・71位。QTの資格による来季の前半戦出場は厳しくなった。
【関連】セクシー旋風を特選フォトで振り返る
「今日はパターが入ってくれましたが、ここまでの3日間、自分の期待に応えることができませんでした」と好プレーにもガッカリ。まだ気持ちが落ち着いていない様子で、「QTを通過できる計画でやっていました。でも、できませんでした。まずは色々考えを整理したい」と話すにとどめた。
なお、QTランク71位の場合、すでに来年の前半戦出場権を得ている選手を含め、第1回リランキング(6月4週を予定)までに出場が叶うのはわずかに1試合。日本で戦うとなれば、前半戦は主催者推薦で出場するか、ステップ・アップ・ツアー(こちらは全試合出場できる順位)に出場するほかない。「全ての状況を整理してから決めたいと思います。できるだけ早く方向性を決めたい」とこちらも明言はさけた。
「今年1年、ゴルファーとしてだけでなく、アン・シネという一人の人間にも関心を持っていただきました。忘れられない1年となりました。だからこそ、来年も出たいと思いQTに出場したのです。どうなるかは分かりませんが、これからも日本ツアーで結果を出せるようにやっていきたいと思います」。果たして、日本中にセクシー旋風を巻き起こした26歳はどのような決断を下すのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>