<ファイナルQT 最終日◇1日◇有馬カンツリー倶楽部>
ツアーきっての美人姉妹が揃ってサバイバルを通過した。「ファイナルQT」最終日、松森彩夏はトータル8アンダーの2位、その妹・杏佳はトータル1アンダーの19位でそれぞれ来季の前半戦の出場権を手にした。
姉妹の仲良しショットも!松森彩夏のフォトギャラリー
今年1年レギュラーツアーで共に戦ったが、昨年は彩夏がシードだったため一緒にファイナルQTを戦うのは初めて。その彩夏は3年ぶりのQT参戦だった。「昨日までの3日間、緊張感のある中でスコアを作れたのは自信につながる。それを来季につなげたい」と評価する一方で、「もっとパターの技術を上げていかないとツアーで上に行けない」。課題も見えた4日間だった。
妹と共に合格、来季も同じレギュラーツアーで戦えることについては「ずっと気になっていたので良かったです。杏佳は初日にスコアを落としたので、2日目以降はプレッシャーがかかるラウンドだったと思う。それをアンダーで乗り越えたのは気持ち的に強くなったなぁと思います」とコメントした。
その杏佳は最終日に“70”で回り、逆転で出場圏内となる30位に滑り込み。「初日に緊張してバタバタしてしまいましたが、1つずつ戻して行こうと。それをモチベーションに上手くできました」。キーとなったのは17番。「ピンまで残り10ヤードからチップインバーディを獲れて。まさか入ると思っていませんでした。次のホールに楽な気持ちでいけました」。その上がり18番をバーディで締めて笑顔のホールアウトとなった。
姉については彩夏とは対照的。「スコアが良かったこともあって、あまり気にしていなかったです。私は私なりに頑張ろうと思いました」と自分のプレーに集中していた様子だった。
ちなみにこの仲良し姉妹。ツアー転戦中も食事は一緒。昨日は夕食を一緒に食べた後、「今年何度か行ってる」と気分転換にゲームセンターへ行きUFOキャッチャーをやったそう。彩夏によればプレーするのは妹だそうで昨日も何かゲットしたとか。「お金をあげるのは私なんですけどね(笑)」とオチをつけた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

国内女子ファイナルQT 全選手最終成績
長身美女・松森彩夏 「私はシネさんほど女子力ない(笑)」
昨年ツアー初Vの美人プロ・松森彩夏がシード喪失「楽しいこと、辛いことがあった1年」
美人姉妹Vに期待!松森杏佳「優勝して姉に追いつきたい」
NEWスター発見!2017年プロテスト合格者 インタビュー