アウディのフラッグシップ4ドアクーペ『A7スポーツバック』のハイパフォーマンスモデル『RS7 スポーツバック』次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

まだテストミュールの段階であり、全てダミーパーツが装着されているようですが、フロントフェンダーがワイド化されており、トレッドが拡大されるようです。

心臓部には、アウディ最新の8速Sトロニックギアボックスと組み合わされる最高出力650psの4リットルV型8気筒エンジンと、700psを発揮するハイブリッドの搭載が予想されています。このハイブリッドは、ポルシェ『パナメーラ ターボSE ハイブリッド』からの流用となり、最高速度は310km/h、0-100km/h加速は3.5秒で駆け抜けると想定されています。

ワールドプレミアは2018年末となりそうです。

(APOLLO)

アウディ・RS7スポーツバック次期型をキャッチ。初のプラグインハイブリッド投入へ(http://clicccar.com/2017/12/01/536315/)