瀬戸さおりのラブシーンから幕開けする『愛の病』予告編公開 血まみれの岡山天音の姿も

写真拡大

 2018年1月6日に公開される瀬戸さおり初主演映画『愛の病』より、予告編、ポスター、場面写真が公開された。

(参考:『愛の病』予告

 本作は、2002年7月に実際に起こった事件“和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件”を基にした官能サスペンス。生活費を稼ぐため出会い系サイトのサクラとして働き始めたエミコが、工員の真之助から大金をむしり取るだけでは飽き足らず、やがて彼に強盗殺人を仕向ける模様を描く。

 メガホンを取ったのは、『女の穴』『スキマスキ』の吉田浩太監督。主人公の殺人鬼・エミコ役を瀬戸が演じるほか、キャストには、岡山天音、八木将康(劇団EXILE)、山田真歩、佐々木心音、藤田朋子らが名を連ねる。

 公開された予告編はラブシーンから始まり、夫のDVから逃れて子連れで実家に帰るも居場所のないエミコが、生活のために声色と容姿を巧みに操り、出会い系サイトで出会った男・真之助(岡山)に貢がせる様子や、本命男性・アキラ(八木)の前で見せるしおらしい姿など、愛に飢えた一人の女が持つ二面性や凶悪犯となっていく過程の一部が描かれている。

 一方のポスターには、主演を務める瀬戸の姿をセンターに、登場人物らがそれぞれ意味深な表情を浮かべる様子が切り取られている。そのほか、エミコに関わる人物たちの様相がわかるワンシーンが場面写真として公開されている。

(リアルサウンド編集部)