SUGIZO「VOICE feat.清春」“年季の入ったゴス感”妖艶な目隠しMV公開

写真拡大

 2017年11月29日に発売された、SUGIZOソロ活動20周年のオリジナル作品『ONENESS M』より、収録曲「VOICE feat.清春」のミュージックビデオがフル尺公開された(http://youtu.be/mGsFRBSX_ek)。

SUGIZO「VOICE feat.清春」MVカット(全3枚)

 本作は、日本のiTunesエレクトロニックアルバム1位、総合アルバム7位を記録、海外のiTunesでもタイ、香港、台湾のエレクトロニックアルバム1位、総合でもTOP5入りを果たした。

 公開されたMVは、LUNA SEAやSiMなどのMVを手がけている茂木 将が監督し、11月上旬に都内の某スタジオにて撮影。「ゴシック」と「闇」をテーマに、別々の空間で目隠しをするSUGIZOと清春は、視覚を遮ることで今まで聴こえてこなかった女性の「声」を感じる。中世の洋館のような、随所のディテールにこだわり抜いたインテリアは見ごたえ十分な映像となっている。

 使用した蝋燭は200本に及ぶ。SUGIZOと清春がかもし出す妖艶なパフォーマンスについて、SUGIZOは「「年季の入ったゴス感」(笑)が出ていると思う」と語っている。


◎リリース情報
アルバム『ONENESS M』
2017/11/29 RELEASE
<初回限定盤(2CD(SHM-CD)+Photo Book+三方背ケース)>
UICZ-9099 / 10,000円(tax out.)
CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム
CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム
Photo Book:撮り下ろし写真集+ライナーノーツで約100P
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
<通常盤(CD(SHM-CD))>
UICZ-4411 / 3,000円(tax out.)
CD(SHM-CD):フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム]
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
特典詳細:http://bit.ly/2AMtbxj