冬の蕎麦の楽しみは、なんといっても”あったか〜”な温蕎麦。せいろのようなストイックな世界観とはまた違う、さまざまな冬の美味を味わえる種もの蕎麦を、たっぷりご紹介します。

江戸蕎麦 ほそ川(最寄駅:両国駅)

温かいかき蕎麦 1980円

運ばれてくると思わず見惚れてしまうフォトジェニックな姿。味わえば、牡蠣からほとばしるエキス、香る蕎麦の風味がかけつゆと共鳴し合い、気づけばすべてを飲み干している。 こちらではその日使う分だけを自家製粉して蕎麦を打つ。風味と香りが引き立った十割蕎麦は端正この上なく、ついついせいろで手繰りたくなる。が、実は温かい蕎麦にも趣がある。かけつゆは時間をかけてとる芳醇なダシを生かしたごく薄味で、温められてなお広がる蕎麦の風味を、しっかり味わえる。

出典: matomeshi.jp

東京都墨田区亀沢1-6-5 [TEL]03-3626-1125 [営業時間]11時45分〜14時半(14時LO)、17時半〜20時半(20時LO)※ランチタイム有 [休日]月、第3火、年始 [席]テーブル30席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]都営大江戸線両国駅A3出口から徒歩1分

手打ち蕎麦 じゆうさん(最寄駅:新江古田駅)

おあげそば 1300円

食材は信頼のおける生産者から仕入れるが、店主高橋さんが「これならば」と惚れ込んだ豆腐で作る自家製油揚げが主役。揚げたての油揚げはふかふかで、かぶりつけば旨みがじゅわっと炸裂。太白ごま油の香ばしさがつゆに溶け出すと、ほんのり甘いかえしがさらに際立つ。「うちのかえしは種ものとよく合うんですよ」とにっこり。添えられた唐辛子や陳皮などの自家製スパイスを利かせれば、また違った魅力が引き出され、食べ進むほどにハマる美味しさ。

出典: matomeshi.jp

東京都中野区江原町3-1-4 [TEL]03-3951-3397 [営業時間]11時半〜14時半(14時LO)、17時半〜20時半(20時LO)※12/30昼のみ、12/31は蕎麦のみで売り切れ閉店(夕方頃まで) ※ランチタイム有[休日]月、月1回連休あり [席]カウンター4席、テーブル13席 計17席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代100円 [交通アクセス]都営大江戸線新江古田駅から徒歩10分

石挽き手打 蕎楽亭(最寄駅:飯田橋駅)

季節の天ぷらそば 2590円

「かけそば」は正統派でややしっかり目のかけつゆが頼もしく、白髪ネギや昆布かまぼこなど目にも楽しい具がのっている。単品の天ぷらは塩でいただくが、天ぷら蕎麦ならかけつゆにじゃぼんと浸してもまた旨い。はなから蕎麦の上に天ぷらをのせてもらうのも可能とか。しゃっきりとキレのいい細打ち蕎麦はやや粗挽きで、香りも風味もよく、温蕎麦でも美味しく味わえる。

出典: matomeshi.jp

東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1階 [TEL]03-3269-3233 [営業時間]11時半〜15時、17時〜21時、月17時〜21時、12/29は昼のみ、12/31は11時半〜21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝、12/30、1/1〜1/9 [席]カウンター10席、テーブル20席、計30席/全席禁煙/夜は予約可(1日3組まで)/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄東西線飯田橋駅B3出口から徒歩4分

松翁(最寄駅:神保町駅)

けんちんそば 1200円

スープのベースはフレンチのブイヨンからヒントを得たそうで、鴨から取り除いた余分な脂を使って香味野菜を炒め、鶏のガラと一緒にじっくりと2日間かけて炊く。柔らかい滋味に富んだスープはかえしと隠し味の味噌で味わいはまろやか。今が旬の根菜がたっぷり入っているので、まさに冬の味覚そのものだ。 端正こめた蕎麦と料理が作家・池波正太郎さんに愛されたこの店で、冬ならではの名品をぜひ味わいたい。

出典: matomeshi.jp

東京都千代田区猿楽町2-1-7 [TEL]03-3291-3529 [営業時間]11時半〜15時半LO、17時〜20時LO、土11時半〜16時LO、12/30は〜16時頃、31日は持ち帰りのみ ※ランチタイム有 [休日]日・祝、1/1〜1/9 [席]テーブル24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代別100円〜 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5出口から徒歩6分

玉笑(最寄駅:明治神宮前駅)

玉子とじそば 1404円

つけつゆよりも、気持ち甘めのかけつゆは、溶き卵が入ることでさらに甘やかになる。蕎麦は外一でやや太め。少しつなぎが入ることで腰が強く、温かいつゆに負けない力強さがある。実際、店でも大人気という温蕎麦だ。 そのしみじみ優しい味わいが、冬の寒い日に体をほっこり暖めてくれる。

出典: matomeshi.jp

東京都都渋谷区神宮前5-23-3 [TEL]03-5485-0025 [営業時間]11時半〜15時半(15時LO)、18時半〜21時半(21時LO)、土11時半〜20時(19時半LO)、日11時半〜17時(16時半LO) ※ランチタイム有[休日]月(祝日の場合は営業、翌火休)、12月は不定休あり、年始 [席]カウンター7席、テーブル8席、計15席/全席禁煙/予約可、12/29〜31日は予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄副都心線明治神宮前駅7番出口から徒歩7分

蕎麦切 森の(最寄駅:本郷三丁目駅)

山賊そば 1650円

顔を近づけると鴨のいい香りが食欲をかきたてる。鴨のもも肉を使った鴨団子にきのこや青菜などが入り、鴨の脂がまわったかけつゆが美味しい。そばなしの「鴨団子汁」750円も人気で、せいろと一緒に頼むのもおすすめ

出典: matomeshi.jp

[住所]東京都文京区本郷2-25-1 ムトウビル1階 [TEL]03-3818-9555 [営業時間]11時半〜14時LO、17時〜20時半(20時LO)、土11時半〜14時半(14時LO)※12/31は20時LO、この日だけサあり ※ランチタイム有[休日]日・祝 [席]カウンター2席、テーブル12席、計14席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代別100円 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩5分

手打蕎麦処 紫仙庵(最寄駅:武蔵小山駅)

はんぺん蕎麦 1620円

自家製粉の蕎麦は十割。しなやかでもちっとした食感が特長で、シンプルな種ものやかけつゆにもよく合う。 この店で温かい蕎麦の一番人気というのが「はんぺん蕎麦」だ。大きなはんぺんはメレンゲのようにふわっふわ。かけつゆが徐々に染みてくると美味しさが加速してたまらない。また、これと人気を二分するという、きのこそのものを食べるような「きのこおろし蕎麦」も捨てがたく、どちらにするか思案しながら、まずは一献傾けたい。

出典: matomeshi.jp

[住所]東京都目黒区下目黒6-6-3 [TEL]03-3712-8555 [営業時間]17時半〜21時(20時半LO)12/31 12時〜14時 [休日]月・火、12/29、12/30、1/1〜1/6 [席]テーブル16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]東急目黒線武蔵小山駅西口から徒歩13分

お蕎麦の しらかめ(最寄駅:経堂駅)

山かけ 1250円

蕎麦は粗挽きを少し加えているため、風味があって食感が小気味よい。それゆえ温かいつゆにも負けない存在感がある。山かけはかき立ててふんわりと淡雪のように優しく仕上げ、添えられた海苔と柚子の香りとともに、蕎麦によく絡んでくれる。

出典: matomeshi.jp

東京都世田谷区経堂1-27-13 ディアコート経堂1階 [Tel]03-3420-1988 [営業時間]11時半〜20時半(蕎麦がなくなり次第終了) ※ランチタイム有[休日]火、不定休あり、1/1 [席]カウンター4席、テーブル11席、計15席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]小田急小田原線経堂駅南口から徒歩7分