ジャズのドノバン・ミッチェル【写真:Getty Images】

写真拡大

ジャズ新人ミッチェルの超人的ダンクに米騒然…ファン「本当は飛べるんじゃないの?」

 米プロバスケットボールのNBAで、超人的なジャンプ力でアリウープからダンクが炸裂。実況絶叫のプレーを米スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」が動画付きで紹介すると、ファンから「神の支配者」「彼はジェットパックを背負っている」「実は飛べるんじゃないか?」と絶賛と驚嘆が広がっている。

 まるで空中で一時停止しているかのようだった。“鳥人”のプレーを演じたのは、ジャズのドノバン・ミッチェルだ。

 30日(日本時間1日)のクリッパーズ戦。敵陣でゆったりとボールを回し、イングルズがボールを持った瞬間、ミッチェルはマンマークについていた相手を一瞬のスピードで振り切り、3ポイントライン外からゴール下に侵入。ミッチェルの動きに合わせ、イングルズが浮き球でパスを挙げた直後、背番号45はとんでもないプレーを見せる。

 振り切った勢いそのままに踏み切ってジャンプ。そして、身長191センチのお尻が後ろから追ったマーカーの顔付近に来るほどの驚異的な跳躍力を発揮し、ボールを捕ると一気にリングに叩き込んだ。あまりのド迫力に思わず会場からどよめきが漏れ、実況は興奮気味に絶叫するばかりだった。

「ブリーチャーリポート」は公式ツイッターに圧巻のプレーを動画付きで紹介。すると、映像を観たファンから「狂ったように得点を盗む男だ」「神の支配者」「彼はジェットパックを背負っている」「実は飛べるんじゃないか?」と驚嘆の声が続々と上がっていた。

 ミッチェルは今年のドラフト全体13位でナゲッツに指名を受けた後、トレードでジャズに移籍。身長は決して大きい部類ではないが、この日はチーム2位の24得点をマーク。“鳥人アリウープ”から21歳のルーキーが一躍、注目を集めている。