ハリルジャパンは「最も番狂わせを起こせそう」 海外紙予想の“最強グループ”に選出

写真拡大

アイルランド紙選出の“最強グループ”は…王者ドイツ、スペイン、コスタリカ、日本

 ロシア・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が現地時間1日(日本時間2日午前0時)にモスクワで行われる。

 各国メディアが盛り上がりを見せるなか、アイルランド紙「アイリッシュ・タイムズ」は仮想の“最強グループ”内に日本を含め、「一番下のポットの中で最もアップセット(番狂わせ)を起こせそう」と分析した。

 出場32カ国がFIFAランク上位から順にポット1〜ポット4に振り分けられ(開催国ロシアは無条件でポット1)、1グループ4チームずつの計8グループで構成される。同紙はでき上がる可能性のある“最弱グループ”と“最強グループ”の組み合わせを検証している。

 仮想最弱グループに入ったのはポット1から開催国ロシア、ポット2は南米予選5位で大陸間プレーオフを勝ち上がったペルー、ポット3はイラン、ポット4に初出場のパナマとなった。ポット4からはサウジアラビアも候補に挙がっているが、原則として欧州以外の地域の国は2カ国が同じグループに入ることはないため、ここではパナマが選ばれた。

 そして、最強グループと予想されたのはポット1からディフェンディングチャンピオンのドイツ、ポット2がスペイン、ポット3がコスタリカ、ポット4から日本となった。

「ベスト16に2回進んだ経験もある」

 今大会は優勝経験のあるスペインとイングランドがポット2に回ったことから、この2カ国を引き当てたグループが“死の組”になるとの予想が強まっている。しかし、記事では上位2ポットから過去2大会の優勝国の同居が最も厳しいと予想。ポット3は欧州以外という選択肢の中でアフリカのエジプトやセネガルといった有力国ではなく、2014年ブラジル大会でベスト8に進出した北中米カリブ海のコスタリカが入った。

 そして、ポッド4では日本が名を連ねている。実力的には欧州のセルビアが抜けているという見方をされているようだが、規定に則ってアジアの日本が選択された。「理由は、一番下のポットの中で日本が最も番狂わせを起こせそうだから。このアジアの国はサウジアラビアとオーストラリアを抑えて予選をトップ通過し、過去5大会連続出場でベスト16に2回進んだ経験もある」と記されている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images