「僕がフランスで競技を続けているのには理由があります。それは、僕がフランスで結果を出すことで、日本の若い選手たちに少しでも海外挑戦への希望を持ってもらうためです」

 そう話すのは、男子ハンドボール日本代表の土井杏利(あんり)だ。日体大を卒業後、2013年からフランス1部リーグのシャンベリ・サヴォワ・ハンドボールでプレーし、今季は2部のシャルトル・メトロポール・ハンドボール28に移籍。2016-17シーズンには、フランスリーグ世界選抜としてオールスターにも出場した。


フランスのハンドボール2部リーグで活躍する土井杏利

 去年まで4シーズン在籍していたシャンベリは、スター軍団パリ・サンジェルマンの牙城を崩せずに2位に終わるシーズンが多いものの、2001年にはリーグ王者に輝いた強豪チーム。約5000人収容の専用アリーナを持ち、選手用酸素カプセルやホットタブがロッカールームの目の前にあるなど、最先端の体のケアをできる環境が整っている。自分のことだけを考えれば、土井自身も「素晴らしい街。大好き」と語るシャンベリから離れる必要はなかったかもしれない。

 土井は日体大4年時に膝を故障し、卒業後にハンドボールを続けることを諦めてフランスに渡った。そこで、奇跡的にケガが回復して競技を続けられるようになった経緯もあってか、「自分がプレーを続けられる理由」「世界を相手に戦っている意味」を、常に意識しているように感じる。

「監督が変わって、ハンドボールの考え方が違う人が指揮をすることになってしまったことは大きいですね。ケガから復帰して結果を出しているのに、出場時間がなかなかもらえませんでした」

 ヨーロッパでコートに立っている姿を見せることが、「日本ハンドボール界へのメッセージになる」と自負する土井は、名門チームでベンチを温めるよりも、たとえ2部でも、自分を必要としてくれているチームでプレーすることを優先したのだ。

 移籍先に選んだシャルトルは、2015-16シーズンには1部に所属していた。シャルトル市からのバックアップもあって財政基盤はしっかりしており、4000人収容の新アリーナの建設も決まっている。ファンの声援も熱く、現在1部に自動昇格できる首位争いの真っ只中(10試合消化して、7勝2敗1分の首位)で、土井もコンスタントに出場して勝利に貢献している。

 1部昇格を目指して上昇気流に乗るチームでプレーすることで、自身パフォーマンスの質もさらに高まっていくだろう。日本ハンドボール界の未来を背負って戦う土井は、世界最強のフランスのリーグで確実に存在感を増している。

 そんな土井の背中を追うように、女子の日本代表選手である池原綾香が今夏に海を渡った。

 日体大で土井の1年後輩にあたる池原が移籍したのは、デンマークリーグトップリーグに所属するニューコビン・ファルスター・ハンドボールクラブ。財政が安定したここ3年ほどで急速に力をつけてきたチームで、2015年にデンマーク代表の司令塔クリスティーナ・クリスチャンセンが加入したことで、人気も一気に上昇した。昨シーズンにはリーグで初優勝を果たし、今季はチャンピオンズリーグに初参戦している。


今季、デンマーク1部リーグでプレーする池原綾香

 欧州ハンドボール連盟(EHF)が主催するチャンピオンズリーグには、ヨーロッパ各国の優勝チームと強豪リーグ上位の数チームのみが参加できる。男子の決勝FINAL4は2万人、女子でも1万人を超える観衆を集めており、ヨーロッパの室内スポーツ最高峰の大会として、年を追うごとに注目度が高まっている。

 そんな”夢のステージ”で戦うチームに移籍した池原が、ヨーロッパ挑戦を本格的に模索しはじめたのは今年の2月だった。

 2016年10月に行なわれたリオオリンピックの予選で韓国に惨敗し、個の力のなさを痛感。「国内にとどまっているだけでは経験が足りない」と考えるようになる。そんな彼女が当時所属していた三重バイオレットアイリスの監督である櫛田亮介、ビジネスマネージャーの梶原晃が、共にドイツでのプレー経験があったのは幸運だった。海外でプレーするには、強い決意と行動が伴わなければ難しいことを知る櫛田は、池原を”本当に成長させる”ため、池原本人に移籍の交渉を進めさせ、自らはそれを支えるというスタンスを取った。

 さらに、日本代表監督のウルリック・キルケリー氏のサポートなどもあり、今年4月末から5月の頭にかけてオーデンセの練習に参加。池原のプレーが高評価を受け、移籍につながった。

 ニューコビンのヤコブ・ラーセン監督は、「技術がきちんとしていて賢く、シュートのバリエーションも豊富だ。プレーに積極性があって、身長は小さいけれどディフェンスもうまい。私が理想とする右のサイドプレーヤー像に近い選手だね」と池原を賞賛する。

 また、チームの看板選手であるクリスチャンセンは、欧州ハンドボール連盟のオフィシャル動画で「彼女はとても可愛らしくて、いつも笑顔。会話の内容はあまり理解できていないかもしれませんが、ボディーランゲージで補っています。デンマークに来るというのはとても勇気のいること。彼女がこのチームで気持ちよくいられるように、みんなでサポートしていきたいです」と語っている。

 157cmの小さな体で物怖じせずにプレーする姿、いつも笑顔で楽しそうにプレーする姿は、目の肥えたデンマークのハンドボールファンからも人気を得ている。チームスタッフや監督からの信頼も厚い池原は、現在の状況を次のように語った。

「小さな街ですが、熱狂的なファンがハンドボールを盛り上げてくれています。アットホームな雰囲気の中で試合をするのはとても楽しいし、ファンも一緒に戦っている一体感は、日本ではなかなか味わえません。プレー面はもちろん、人としても成長したいと思ってここに来たので、いろいろな面で自分を変えられるように頑張りたいです」

 移籍後に上々のスタートを切ったからこそ、より高い戦術理解と、チームメイトやサポーターたちと本当のコミュニケーションをとるために、しっかり言葉を学んでいく必要がある。それを身につければ、よりチームとファンから愛され、信頼される選手となっていくはずだ。

“世界最小最強ウィングプレーヤー”を目指す池原は12月1日からの世界選手権を、一度はハンドボールを諦めながら日本代表まで上り詰めた土井は2018年1月18日からのアジア選手権を戦う。ヨーロッパの地で成長する2人は、「応援してくれているファンたちのためにも、世界の強豪国を倒したい」と、自国開催のオリンピックを見据えた大会での活躍を誓う。

(世界選手権に挑む池原綾香のインタビューに続く)

■ハンドボール記事一覧>>