お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回はNISAについてです。

来年1月より「つみたてNISA」制度がスタートする、というニュースを読んだ人も多いと思います。「少ない資産をできるだけ安全に増やしたい人向け」、「初めて投資をする人にも安心」などの言葉が躍っています。

一方、「貯めてるだけじゃ、お金は増えない!」なんていう話もあり、投資を始めたほうがいいのかなぁ……と思っている堅実女子も多いのでは?でも、そもそもNISAってなに?まずはそこから、ということで森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

Q:そもそもNISAって何ですか?

NISAとは、イギリスにおけるISA(Individual Savings Account)日本語で個人貯蓄口座、をモデルに作られたものです。NISAとは日本版ISAの略です。日本では2014年に、個人の資産形成や投資促進を図る目的でNISAが導入されました。

NISAとは少額投資非課税制度です。その名のとおり、「少額の投資については非課税にしましょう」という制度になります。

具体的には、「NISA専用の口座を開設し、その口座で株や投資信託等に投資をして得られた配当金・分配金・譲渡益といった利益について、税金がかからない」というものです。

ひとつ、注意したいのは、配当金や分配金の受け取り方法です。

NISAによって得た配当金や分配金を郵便局で現金で受け取ったり、銀行振込などで受け取ってしまうと、その部分は非課税になりません。NISA口座の配当金や分配金については、必ず証券口座に直接入金されるように設定しましょう。

Q:NISAは誰でもできますか?「少額」とはいくらですか?

NISAは、口座を開設する年の1月1日時点で、日本に住んでいる20歳以上の方が対象です。

NISAの非課税枠は、この制度がはじまった時点では100万円でしたが、現在は「元本で年間120万円」です。それを5年利用することができます。つまり、最大600万円の投資を非課税で行なうことができます。

注意としては、「その年に使わなかった枠の繰り越しはできない」こと。

たとえばNISA口座を開設して、今年、120万円の枠のうち100万円しか使わなかったとします。でも、来年に120万円+20万円で140万円使えるようにはならず、来年も非課税枠は120万円です。

また、購入した商品を売っても、非課税枠は復活しません。つまり、1月に120万円投資商品を買って、2月にすべて売却した場合、その年はそれ以降、NISA口座での取引はできないということです。そのため、“最大”600万円の投資なのです。

Q:どれくらい税金が安くなりますか?

たとえば、投資商品を買って売ったときに1万円儲かりました、というケースで課税口座とNISA口座をを比較してみましょう。手数料などは金融機関により異なるので、計算には入れないこととします。

課税口座の場合、税金が約20%なので約2000円が差し引かれ、受取額は約8000円です。

一方NISA口座では、利益は非課税なので1万円をまるまる受け取ることができます。

10万円の利益が出た場合には約2万円差し引かれるだった税金が非課税になり、100万円の利益が出た場合には約20万円です。

つまり、利益が大きければ大きいほどその効果は大きくなります。

Q:NISAに期限はありますか?

NISAは2014年にスタートした制度です。しかし、永久に使える制度ではありません。投資可能期間は2014年から2023年の10年間です。つまり、2023年までは口座開設が可能です。

5年間最大600万円の枠をすべて使いたいのであれば、2019年までには口座を開設したいですね。

Q:NISA口座で買った投資商品は、期限が終わったあとどうなりますか?

非課税期間は、それぞれ購入した年から原則5年間です。たとえば、2014年に購入した商品は2018年まで、投資可能最終年の2023年に購入した商品は2027年まで非課税です。

途中で売買せず、投資商品を5年間持ち続けた場合、選択肢は3つあります。

ひとつ目は売却。売却時に出た利益はもちろん非課税です。

ふたつ目は「課税口座に移す」です。この場合、税金計算上はその時点で売却し、買い直したことと同様の効果です。

たとえば、100万円で買った商品が5年後120万円になりました。そして課税口座に移管したあと150万円になった時点で売却した、といった場合。NISA口座で運用していた利益20万円は非課税ですが、課税口座で運用して得た利益30万円に対しては税金がかかってきます。

3つ目は「ロールオーバー」です。翌年の非課税投資枠に移すことです。

たとえば、今年2017年に投資をすると、2021年末には非課税期間の5年間が終了します。その時点で、2022年の非課税枠に繰り越すことができるのです。ロールオーバーは、制度終了の2027年までになります。たとえば、NISA口座で100万円が5年間で120万円となり、ロールオーバーして翌年150万円になった場合。売却しても、税金はかかりません。

最大のメリットは非課税であること。また、NISA口座で得られた利益については、確定申告も必要ありません。

一方デメリットですが、NISAも投資ですから必ず利益が出るものではありません。もちろん損失が出ることあります。そして、NISAの一番大きなデメリットは、損失を出したケースです。

一般の投資、つまり課税口座で取引を行ない損失が発生した場合は、ほかの利益と損益を通算することができます。一方の損をほかの利益と相殺し、納めるべき税金を減らすことが可能です。また、今年その損失が使えなくても、確定申告をすることで翌年以降の利益と相殺することも可能なので、将来の税金を少なくすることもできるのです。

しかし、NISA口座で取引を行なった場合の損失は、他の利益と相殺できず、翌年以降の利益と相殺することもできません。

損失のケースを具体的に見てみましょう。たとえば100万円で購入した商品が50万円になり、5年間の期限が来て、課税口座に移したとします。そして80万円まで価格が回復したところで売却した、といったケースを考えてみましょう。

この場合、実際には100万円で購入したものを80万円で売却したので20万円の損失です。しかし、50万円の時点で非課税期間は終わっているため、売却時の税金計算上は30万円の利益となります。つまり、20万円損失したうえ、利益の30万円には税金がかかってくることになります。

こうしたデメリットもしっかり認識して、制度を利用しましょう。「つみたてNISA」については、次回詳しくご紹介しますね。

わずかなお金で投資を始めるなら、NISA制度を利用して払わなくてすむ税金を抑えたいところですが……。

 



■賢人のまとめ
NISAとは少額投資非課税制度です。一定期間、枠内での投資について利益や分配金、配当金があった場合、非課税となるもの。利益がでれば、課税口座で運用するよりもメリットがあります。しかし 、損失が出た場合には不利になるので注意が必要です。

■プロフィール

女子マネーの達人 森井じゅん

1980年生まれ。高校を中退後、大検を取得。レイクランド大学ジャパンキャンパスを経てネバダ州立リノ大学に留学。留学中はカジノの経理部で日常経理を担当。

一女を出産し帰国後、シングルマザーとして子育てをしながら公認会計士資格を取得。平成26年に森井会計事務所を開設し、税務申告業務及びコンサル業務を行なっている。