【心理テスト】映画『探偵はBARにいる3』でみる、あなたが抱えている大きなストレス

写真拡大

 映画『探偵はBARにいる3』が12月1日に公開。大泉洋さんと松田龍平さん演じる探偵と助手のコンビが、依頼調査を進めていくうちに、大きな事件に巻き込まれてしまうストーリー。シリーズ3作目は、北川恵子さん演じるミステリアスな女性・マリを軸に、物語が展開していきます。今回は、この映画にちなんだ心理テストを紹介します。

【質問】
 あなたは探偵。驚きの依頼がありました。どんな依頼だと思う?

A:好きな芸能人の私生活調査
B:友達の自分への本音調査
C:カップルを破局させる工作
D:殺人依頼

 あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみていきましょう。

【診断できること】
「あなたが抱える大きなストレス」
 探偵に依頼することは、自分では解決できない難問です。それは、苦しいことやつらいことの象徴。依頼が「驚きの」ものであることから、問題はかなり深刻。そこから、あなたにとって大きなストレスになっていることわかるのです。

■A:好きな芸能人の私生活調査……結婚できないストレス
 好きな芸能人の私生活を調べることは、強すぎる愛を象徴しています。これを選んだあなたは、愛に飢えています。あなたは今、心から愛し合える人がほしい、すぐにでも結婚したいと思っているようです。それなのに、相手がいなくてなかなか結婚できないことが、大きなストレスになっているのです。

■B:友達の自分への本音調査……人間関係のストレス
 自分に対する友達の本音を調べることは、人間不信のあらわれ。これを選んだあなたは、人間関係がうまくいっていないのでは? 本音で話をしたいけれど、裏切られることが怖くて、人を信じられないのでしょう。小さな不安がどんどん膨らみ、大きなストレスになってしまっているようです。

■C:カップルを破局させる工作……忙し過ぎるストレス
 カップルを破局させてほしいというのは、かなり自分勝手な依頼です。これを選んだあなたは、何か理不尽なことに苦しめられているようです。もしかしたら、やりたくはないことをやらざるを得ない状態なのではないでしょうか? そのせいでとても忙しく、時間にも心に余裕がないことが、かなりのストレスになっています。

■D:殺人依頼……毎日が単調なストレス
 殺人の依頼に応えてしまったら、重大な罪になります。これを選んだあなたは、自分の中にある大きなエネルギーを持て余し気味の人。刺激のない毎日に物足りなさを感じていて、何か大きな事件でもおきないかなと思っているのではないでしょうか? たいくつ過ぎる日々が、実は大きなストレスになっているのです。

 ストレスがたまり過ぎると、健康を害したりして、大問題に発展する可能性があります。自分のストレスの原因をしっかりつきとめて、それを取り除いたり、うまくストレスを発散するようにしましょう。
(紅たき)※画像出典/shutterstock