2008年当時の錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OPが09年のフェレール戦に脚光…「初々しいニシコリ」に海外ファンも興奮

 男子テニスの世界ランク22位・錦織圭(日清食品)は今季こそ故障に苦しみ、ツアー未勝利に終わったが、世界ランク最高は4位を経験。アジア人初の四大大会制覇の期待を背負い続けている。そんな錦織が9年前に演じた“あの名勝負”を全米オープン大会公式ツイッターが脚光を当て、動画付きで「初々しいニシコリ…」と紹介すると、ファンから「ベストマッチ」「最高の思い出」「この試合でケイのファンになった」と声が漏れている。

 あの頃、錦織は若かった。しかし、9年前の興奮が甦ってくるようだ。紹介された“名勝負”は、08年の全米オープン、3回戦のダビド・フェレール(スペイン)戦だった。

 相手は当時世界ランク4位の強豪。第1セットを奪い、2-1で迎えた第4ゲームだった。錦織はセンターに強烈なサーブを放つと、フェレールは辛うじてリターンするのが精いっぱい。そして、チャンスボールに前進した次の瞬間だった。勢い良く飛び上がった右手一本で強烈なフォアハンドを繰り出し、反応しれなかったフェレールから圧巻のポイントを奪ってみせた。

 錦織は当時18歳。まだ定着していなかった「エア・ケイ」を鮮やかに炸裂させ、会場は喝采に包まれた。まだあどけなさがどこか残る顔を伝った汗をぬぐい、小さくガッツポーズを決めた。

ファンから称賛の声「過去の中でもベストマッチ」「この試合でケイのファンに…」

 全米オープン大会公式ツイッターは「#ウェイ・バック・ウェンズデー」と題し、昔を懐かしむハッシュタグをつけて投稿。「初々しいニシコリ…」とつづり、動画を紹介すると、ファンから「彼が待ち遠しい!」「過去の中でもベストマッチ」「壮観な若者」と称賛の声が続々と上がっていた。

 さらに「最高の思い出!この試合で、私はケイのファンになった」というファンに対し、大会アカウントも「断言しよう、ケイは今年も新たに多くのファンを得ることになる!」と返信。錦織に期待を込めていた。

 試合は第2セットを取って連取。第3、4セットこそ落としたが、フルセットの末に勝利。日本人では大会オープン化以降、初となる4回戦進出を果たし、スターダムをのし上がるきっかけとなった。

 錦織自身は今季、右手首の負傷により全米オープンを含め、残りの大会を欠場。来季開幕戦のブリスベン国際から復帰を予定している。27歳となった日本人エースの復活を世界も期待している。