画像提供:マイナビニュース

写真拡大

2020年1月にWindows 7の延長サポートが終了する。セキュリティ更新プログラムや有償サポートも受けられなくなり、企業内での使用は基本的には継続できない状況になる。日立システムズは、同社のハイパーコンバージド・ソリューションラインナップに、「VDI Windows10向け高性能モデル」を追加、1日から販売を開始した。

ハイパーコンバージド・ソリューションのイメージ(同社資料より)

企業内でのWindows 10への更新、移行検討が始まる中、セキュリティやクライアントPC管理の効率化、ネットワークトラフィックの課題解消にVDI化へのニーズの更なる高まりが予想される。日立システムズが販売を開始した「VDI Windows10向け高性能モデル」は、グラフィックスの使用やアイドル時でもフレームバッファが大きくなるなどWindows 7と比較すると大きくリソースを消費するWindows 10の企業内での利用を見込んだVDI基盤を提供、移行サービスや移行後の運用サービスなど付帯サービスも合わせ、企業内でのWindows 10導入・運用支援を行う。

セキュリティが大きく高められている反面、リソースが増加するWindows 10に対して「VDI Windows10向け高性能モデル」では、ハードウェア環境のNVIDIA GPUを仮想化されたクライアント環境に展開できるNVIDIA GRIDを仮想GPUソリューションとして搭載する米SuperMicro Computerのハードウェア、VDIシステムには実績の豊富なVMware Horizon(ヴイエムウェア提供)を組み合わせる。ハイパーコンバージド・インフラが持つサーバ/ストレージ、ネットワークの統合管理や省スペース化に加え、リソース増加を図ることで組織でのスムーズなWindows 10導入・運用に対応する。

ヴイエムウェア社認定プレミアムパートナー、且つ国内唯一のSuperMicro Computer保守パートナーでもある日立システムズは、総合受付窓口の設置、全国約300カ所のサービス拠点を活かしたオンサイト(訪問での修理/交換)対応など迅速な保守サービスを提供していく構えだ。