世界トップクラスのパワーを持つ山口剛史選手(右)

写真拡大

 平昌五輪まであと2か月あまり。フィギュアスケートやスキージャンプ、スピードスケートなどの花形競技に加え、今回は史上初の男女ペア出場となったカーリングにもメダルの期待が集っている。カーリングといえば、あの「シャカシャカ」が真っ先に思い浮かぶ。今さらだが、あの「シャカシャカ」にはどんな意味があるのか? そして日本のメダル獲得は「シャカシャカ」次第とされるが、本当なのか? カーリング取材を続けるスポーツライターの竹田聡一郎氏が解説する。

 * * *
「イエスイエス、イエース」

 シャウトとともに、滑るストーンの進みに合わせてブラシで氷上を履く。カーリングではお馴染み、というかむしろカーリングといえばあのシャカシャカを思い浮かべる人も多いのではないか。

 スウィープである。

 しかし、このスウィープ。カーリングの代名詞的なプレーでありながら、「清掃員」「露払い」などと揶揄されて、意外と理解されていないことが多い。しかし、清掃員も露払いもまったくの的外れというわけでもないのだ。

 スコットランドに起源を持つと言われるこのスポーツ、元々は屋外の湖などでプレーされていたようで、古くはストーンの前のゴミ等を取り除く目的でスウィープが行われていた。その名残で、屋内スポーツとして確立された現在も、選手の持つスティックは「ブラシ」と呼ばれている。

 では、「シャカシャカ」の現代の目的といえば、微調整という言葉がもっとも端的にすべてを表している。

 カーリングのシート(プレイエリア)には試合前に、水あるいはぬるま湯を撒き、アイスにぺブルと呼ばれる小さな氷の粒を作る。このペブルがストーンとの摩擦を生んで石がゆっくりと減速するのだが、そのペブルをブラシ、正確に言えばブラシの先端についたナイロンパッドで履いて溶かし、ストーンと氷の摩擦を小さくすることでストーンの進行距離を伸ばす。五輪に出場するようなトップレベルのチームが本気でスウィープすると、2メートル近くストーンを進ませることが可能とも言われている。

 また、距離を伸ばすだけではなく、一定方向からスウィープを行うことで、カールを始めたストーンをより曲げる、あるいは曲げないようにするというある程度のコントロールも可能だ。

◆「日本カーリング筋肉部部長」

 現在、カナダに長期遠征中の平昌五輪代表チーム、SC軽井沢クラブのスキップ・両角友佑(もろずみ・ゆうすけ)選手は「大きくショットウェイト(石を投げる速さ)を間違えなければ、うちのスウィーパーは(石を)置きたいところに運んでくれる」と日頃から語っているが、この競技においてスウィープの役割は小さくない。

 では、どんなスウィーパーが優れた選手なのか。同じくSC軽井沢クラブのメンバーでフィフス(リザーブ)の平田洸介選手に聞いてみた。

「まずは1試合、あるいは1大会を通じて適当なスウィープをし続けることができる選手ですね。腹筋、背筋、体幹、足と腕の筋肉をバランスよく鍛えないといけない。そういう意味では、ぐっさん(山口剛史選手/SC軽井沢クラブ・セカンド)は世界でもトップクラスのパワーがあると思います。自分で“日本カーリング筋肉部部長”とか“カーリングゴリラ”とか名乗ってますから。僕も見習うところが多いです。

 あとは目ですね。石がデリバリー(投球)されたらすぐに早いか遅いか、回転は適当かジャッジしてスウィープをするかしないか決める、あるいはコーチングをしないといけない。こうしてカナダに来ると筋力とスタミナと目が揃ったスウィーパーがいて勉強になります」

 女子選手はどうなのか。平田選手が世界屈指のスウィーパーと憧れる山口選手に女子のスウィープ事情を聞いてみた。

「女子も基本的には同じです。筋力とスタミナと目。ただ、女子は男子と比べるとどうしても筋力が劣る。そのぶんいかに多くブラシを動かせるか、トルク(回転数)も求められます。ロコ・ソラーレ(北見/平昌五輪女子代表チーム)の鈴木夕湖(ゆうみ)選手などは、世界と比べると体格的には劣りますが、それを余って補うトップクラスのトルクを持っています。あれは世界に挑む武器になってくると思いますよ」

 カーリングの世界ランキングは、今季アタマまで男子は9位、女子は7位だが、五輪シーズンの今季、スウィープが躍進の鍵を握るかもしれない。

 ついでながら書いてしまうと、カーリングのブラシの値段はピンキリだが、例えば山口選手の使用しているバランスプラス社(カナダ・オンタリオ州)のライトスピードというラインナップは、カナダ国内で購入すると180カナダドル(約1万6000円)で、日本で輸入品を買うと2万円前後だ。

 このバランスプラスを含め、ゴールドライン、アッシャム、ハードラインなどの耳馴れぬメーカーは、すべてカーリング王国カナダの会社だ。国内メーカーでは、代表モデルのカーリングパンツをリリースしているミズノがブラシ開発をしているとの未確認の噂があるが、果たして。

 平昌五輪でカーリングブームが再燃し、一気に世界のマーケットに名乗りを挙げてほしいものだ。メダルの行方とともに見守りたい。

取材・文●竹田聡一郎(たけだ・そういちろう):1979年神奈川県出身。2004年にフリーランスのライターとなりサッカーを中心にスポーツ全般の取材と執筆を重ね、著書には『BBB ビーサン!! 15万円ぽっちワールドフットボール観戦旅』『日々是蹴球』がある。カーリングは2010年バンクーバー五輪に挑む「チーム青森」をきっかけに、歴代の日本代表チームを国内外問わずに追っている。