<ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目◇1日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
今季のツアー優勝者や賞金ランキングの上位者など、30人の選ばれし者だけが出場を許される国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の第2ラウンド。全選手がこの日の競技を終え、2015年の賞金王キム・キョンテ(韓国)が4バーディ・2ボギーとスコアを2つ伸ばし、トータル5アンダー単独首位で大会を折り返している。
【関連】男子ツアーの顔が大集合!
2打差2位タイに大会2勝を誇る片山晋呉、谷原秀人、今平周吾、稲森佑貴、スンス・ハン(米国)、H・W・リュー(韓国)が続いた。
初日に4オーバーと出遅れた賞金ランク首位・小平智は、4バーディ・3ボギーと1ストローク伸ばすにとどめ、トータル3オーバー22位タイと上位浮上はならなかった。一方、逆転賞金王を狙う宮里優作はスコアを1つ伸ばし、トータル2アンダー8位タイと好位置につけている。
また、賞金ランク4位の池田勇太はトータル5オーバー26位タイ。同ランク3位のチャン・キム(米国)は、第2ラウンドスタート前に腰痛のため棄権している。
【2日目までの順位】
1位:キム・キョンテ(-5)
2位T:片山晋呉(-3)
2位T:谷原秀人(-3)
2位T:今平周吾(-3)
2位T:スンス・ハン(-3)
2位T:H・W・リュー(-3)
8位T:宮里優作(-2)他
国内男子賞金ランキング
タイガー、松山英樹の順位は?ヒーロー・ワールド・チャレンジリーダーボード
賞金王決定は最終戦に持ち越し 宮里優作らの逆転条件は?
チャン・キム、棄権での賞金王レース脱落に「非常に残念」
最も反発が高いドライバーは何だ?2017年モデルのピカイチヘッドとは?