日本からみた地球の真裏はブラジルというのが通説だけれど(写真:filipefrazao / PIXTA)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。
蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「ブラジル」。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。

この連載の一覧はこちら

1. ブラジルの正式名称は、Republica Federativa do Brasil(ブラジル連邦共和国)

2. 英語では「Brazil」、ポルトガル語では「Brasil」

3. 漢字では伯剌西爾と表記し、伯国と略す場合もある

4. 国旗の緑は豊かな自然を、黄色は黄金を象徴。青い天球の中には「Ordem e Progresso(秩序と進歩)」の文字

5. 国旗に描かれた天球は、ブラジルが帝政から共和制となった1889年11月15日の夜のリオから見た星空

6. ブラジルは大統領を元首とする連邦共和制

7. ブラジルは南米で最大、世界第5位の面積を誇る国

8. ブラジルの国土面積は地球の約1.6%、世界の陸地の5.7%、南米大陸の面積の約半分を占める。日本の約23倍

ブラジルのお隣の国は?

9. ブラジルは、チリ、エクアドル以外の南米の国々と国境を接している


10. ブラジルは26の州と1連邦区(首都ブラジリア)から構成される

11. 全土はNorte(北)、Nordeste(北東)、Centro-Oeste(中西)、Sudeste(南東)、Sul(南)の5地域に分けられる

12. 人口は約2億600万人で世界第5位(2016年調査)

13. ブラジルの人口は1980年の調査開始以来、増加の一途を辿り、2021年には2億1344万人に達すると予想される

14. GDPは世界第9位。1人当たりのGDPは世界73位

15. ブラジルは南北アメリカ大陸で唯一ポルトガル語を公用語とする国

16. ブラジルの国鳥は、オレンジ色の大きなくちばしをもつトゥカーノ(オニオオハシ)

17. 南半球に位置するブラジルは日本と季節が逆

18. 日本から最も遠い国はアルゼンチン、次いでブラジル。東京から首都ブラジリアまでの距離は1万7672km

19. 日本からみた地球の真裏はブラジルというのが通説だが、実際の対蹠地はブラジルの東沖合、南大西洋上

20. ブラジルは1500年4月22日、ポルトガル人のペドロ・カブラルがインド航路開拓の途中で偶然に発見した

21. 当初、カブラルは到達した地を「ヴェラクルス(真の十字架)」と名づけた

22. やがて赤色染料の原料となる木「パウ・ブラジル」の輸出が盛んになったことから、この地域が「ブラジル」と呼ばれ始めた。これが国名の由来

23. カブラルが到達した16世紀初頭、ブラジルには「インディオ」と呼ばれる先住民がおよそ300万人存在していた

24. インディオたちの先祖は、最後の氷期の1万2000年前頃にシベリア付近からベーリング海峡を渡ってきたモンゴロイド系の狩人たちと考えられている

25. 1549年に初代総督としてトメ・デ・ソーザが着任し、サルバドールにブラジル最初の首都が置かれた

26. 1693年にミナスジェライスで金脈が発見されると、経済の中心を担うようになったリオデジャネイロが1763年に首都となる

27. 1808年にナポレオン軍がポルトガルに侵攻した際には、ポルトガル王室はブラジルに遷都した

28. 王家が本国に帰還後、ブラジルに摂政として残った王位継承者のドン・ペドロにより1822年9月7日、ポルトガルからの独立宣言が成し遂げられた

29. 独立後の王制から、奴隷制の廃止などを背景とした軍部クーデターにより1889年には共和制に移行。1891年にブラジル連邦共和国が成立した

30. ブラジルの首都は1960年4月、リオデジャネイロからブラジリアに遷都された

「50年の進歩を5年で」というスローガンの下


ブラジリア連邦直轄区ブラジリアにある国民会議議事堂(写真:waka / PIXTA)

31. ブラジリアは、ブラジル中央高原の標高1100mの荒野に新首都を建設するユートピア構想により「50年の進歩を5年で」というスローガンのもと建設が開始された。世界でも稀に見る「過去をもたない首都」といわれる

32. ブラジリアは1987年にユネスコ世界遺産に登録。建設から40年未満であり歴史的建造物をもたない都市として当時異例のことだった

33. ブラジルにある世界遺産は21カ所で、世界遺産国別登録数ランキングでは日本と並んで12位(2017年現在)

34. ブラジリア初期の主要建築物はオスカー・ニーマイヤーが手がけ、大統領官邸や国会議事堂、国立美術館、大聖堂など圧巻の景観を呈する

35. サンパウロは人口約1500万人、ブラジル全人口の8%が集中する南米最大の都市。国民総生産の50%を生み、ブラジル経済の中心として機能

36. リオデジャネイロはブラジル独立、ヨーロッパ芸術の上陸、ボサノヴァ音楽発祥の地と、常に歴史の桧舞台になってきた都市で、人口700万超のブラジル第2の都市

37. 世界3大美港のひとつと讃えられるグアナバラ湾などで知られる国際観光都市としても知られる

38. コルコバードのキリスト像は高さ38m。ポルトガルからの独立100周年記念に建てられ、完成したのは1931年

39. サントスはコーヒーの輸出港として発展した、ブラジル最大の貿易港を擁する都市。日本からの移民が初めてブラジルの土を踏んだ地

40. マナウスはアマゾン観光の中心地として知られる人口200万人超の大都市。天然ゴム産地として発展した

41. クリティバはヨーロッパ系移民が多く、南米で一番整備された清潔な都会として知られる

42. ペルナンブーコ州にあるオリンダ市は16世紀につくられた歴史ある街。石畳と色とりどりのコロニアル建築が並ぶ歴史地区はユネスコに文化遺産として登録

43. オリンダは、ポルトガル語の"Ó,linda!"(なんと、美しい)。植民地建設を始めたポルトガル人が、オリンダの丘からの眺めを見て、"Ó, linda!"と叫んだことが由来

44. サンタ・カタリーナ州の山岳地帯では、冬になると積雪も。とくに州の最南、標高1353mのサン・ジョアキン市周辺は降雪量が多く、最低気温が-10℃にもなる

45. ブラジル北部のアマゾン川流域は世界の熱帯雨林の3分の1を占める

46. アマゾン川は長さ6516kmの世界第2位の大河

47. アマゾン川観光の見所はネグロ川とソリモンエス川の合流点エンコントロ・ダス・アガス。ふたつの川は比重の違いで水が混ざり合わず神秘的な色を呈する

48. イグアスの滝は世界三大瀑布のなかでも最大の水量。約4km、落差80mの間に大小約300の滝が連なる

49. 1986年にユネスコの世界遺産に登録され、現在は、ブラジル側17万ヘクタール、アルゼンチン側22万5000ヘクタールが国立公園になっている

国技はサッカーではなく、カポエイラ

50. ブラジルの国技はサッカーではなく、カポエイラ

51. カポエイラは奴隷たちがダンスのふりをして修練した格闘技といわれ、ユネスコ無形文化遺産に登録されている

52. ブラジルのカーニバル(謝肉祭)は各地域で独自の催しが展開される全国的イベントで、その2日間は祝日となる

53. とくにリオデジャネイロ、サルバドール、オリンダのカーニバルは「ブラジル3大カーニバル」と呼ばれる


ブラジルは、世界一のコーヒー生産国(撮影:大澤 誠)

54. ブラジルは150年間世界一のコーヒー生産国である

55. 温暖で霜害が少なく、新たな灌漑設備や栽培技術の導入などにより高品質のコーヒーが多く生産されている

56. ブラジルの年間のコーヒー豆生産量は約280万トン。ベトナム約140万トン、コロンビア約70万トン(2014年調査)

57. 現在ブラジルで60億本のコーヒーの木が栽培される

58. ブラジルはコーヒー消費量でも米国に次いで世界2位

59. サンパウロ市では月に46億杯のコーヒーが飲まれる

60. ブラジル人はかなりの甘党で、エスプレッソのコーヒーに砂糖を大量に入れて飲む習慣がある

61. もともとアメリカ大陸はコーヒーの木は自生していない土地であった。エチオピア原産のコーヒーが欧州、アンティル諸島、ギアナを経由してブラジル北部に導入されたのは1727年のこと

62. ブラジルで本格的にコーヒーが栽培されるようになるのは1761年南東部のリオデジャネイロに移植されて以降

63. 1850年ごろ、ブラジルのコーヒー生産量は全世界のおよそ75%になり、ブラジルの経済発展に貢献

64. 日系人を含む各国からの移民はブラジルで契約労働者(コロノ)としてコーヒー農園で働くことが多かった

65. 現在約350万人が農村のコーヒー産業に従事、関連業種を含めおよそ700万人の雇用を創出しているとされる

66. ブラジルのコーヒーの格付けは、生豆のなかの欠点豆や異物の混入率によってNo.2〜No.8に分けられる

67. さらにスクリーンサイズ、カップ(味わい)で分類され総合的に評価される

68. 「コーヒーは農作物であり完璧なものはない」という考えから、ブラジルコーヒーに「No.1」の等級は存在しない

国家資格をもつ専門家がコーヒーの格付けをする

69. コーヒーの格付けをするのはクラシフィカドール(コーヒー鑑定士)という政府公認の国家資格をもつ専門家

70. ブラジル国内で高品質といわれるコーヒー豆の三大産地は「セラード」「南ミナス」「モジアナ」

71. コーヒーの生産は、ミナスジェライス州が全体の53%を占めている

72. アルコールではサトウキビから作られた「カシャッサ」という蒸留酒が国民酒的存在。「ピンガ」とも呼ばれる

73. ブラジルではカシャッサをベースにライム、砂糖、氷で作るカクテル「カイピリーニャ」がポピュラー

74. 国民的な飲料としてガラナがある


ブラジルの代表的料理といえば「フェイジョアーダ」(写真:nataliamylova / PIXTA)

75. ブラジルの代表的料理といえば「フェイジョアーダ」。豚肉と豆の煮込みで、とくに水曜と土曜に好んで食される

76. 近年人気のアサイーはブラジル原産のヤシ科植物で、古くからアマゾン先住民が栄養源として食してきた果実

77. 中型・小型旅客機は主要な輸出品のひとつ

78. ブラジルは水晶の産出量世界一

79. ブラジルの最大のエネルギー資源は水力。電力の約65%を水力発電でまかなっている

80. 純潔のブラジル人の血液型はO型が100%といわれる

81. 映画『シティ・オブ・ゴッド』は、ブラジルのファベーラ(貧民街)に生きる子どもたちの群像劇

82. ブラジル国内には3000以上のファベーラが存在する

83. 外務省の危険情報でブラジルは「危険度1(十分注意してください)」に指定されている

84. 2015年のデータでは、ブラジル国内で9分に1人が殺されている計算になるという

85. ブラジルの日系人の総数は推定190万人

86. 6月18日は「海外移住の日」。1908年6月18日に本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸がブラジルのサントス港に到着したことに由来

87. 日系人コミュニティとしては最大規模の「リベルダージ」がサンパウロに存在する

88. ブラジルの公衆電話は大きなヘルメット状のカバーが設置され「オレリャオン(大きな耳)」の愛称で親しまれる

89. 信用調査会社が2011年に発表した調査によると、ブラジルで1番多い名前はマリア(女子)、ジョゼー(男子)

90. 子育て情報サイトの2013年のランキングによると、女子はアリッシ、ソフィア、ベアトリス。男子はミゲウ、アルトゥール、エンゾが人気上位ネーム

91. ブラジルで人名は「名前+洗礼名やミドルネーム+母方の苗字+父方の苗字」で構成されることが多い

あのサッカー選手の名前は?


(撮影:大澤誠)

92. ブラジルのサッカー選手は本名ではなく愛称を選手登録名とするケースが多い

93. ペレの本名はEdson Arantes do Nacimento、ジーコの本名はArthur Antunes Coimbra

94. ブラジルでは6月13日は聖アントニオの日。この日のイブは「恋人の日」とされ夫婦や恋人同士で贈り物をする

95. ブラジルでは大晦日は白い服を着て過ごす習慣がある

96. ブラジルでは年末、海の神様イエマンジャへの供物として花などを海に投げ入れる儀式の風習がある。問題を海底に沈め、幸運が波となって返ってくるという伝説による

97. 親指と人差し指で円を作るOKサインは、ブラジルでは肛門を表す侮辱的な意味をもつ危険なジェスチャー

98. ブラジルの現在の紙幣の肖像は架空の人物である

99. ブラジルでは選挙は18歳から70歳の読み書きできるすべての国民にとっての“義務”

100. 16〜17歳、70歳以上や読み書きできない国民も希望すれば投票の権利をもち、世界有数の電子投票大国でもある。

(文:森谷 美香/モノマガジン2017年12月16日号より転載)

参考文献・HP/『ブラジルの歴史』(河出書房)、『ブラジル雑学事典』(春風社)、『ブラジルのことがマンガで3時間でわかる本』(明日香出版社)、『おいしいブラジル』(スペースシャワーネットワーク)、〈外務省〉、〈全日本コーヒー協会〉ほか関連サイト