ダニエル・バーガー【写真:Getty Images】

写真拡大

ウッズ復帰戦で24歳バーガーが16秒かかる超ロングパットのイーグル炸裂「なんてパットだ」

 米男子ゴルフで約23メートルの距離からイーグルパットを決めた選手が出現した。打ってから実に16秒後に入るというミラクルのシーンを、PGAツアー公式ツイッターは「なんてパットだ」と動画付きで紹介。映像を見たファンから「グレートショット」「超一流だ!!」「偉大すぎるパット」と絶賛の声が上がっている。

 なぜ、こんな距離から入れることができるのか。仰天のパットを決めたのは、ダニエル・バーガー(米国)だ。

 30日(日本時間1日)に行われたヒーローワールドチャレンジ初日。340ヤードの7番パー4。バーガーはティーショットでグリーン手前2メートルの位置まで飛ばした。しかし、極端に縦に長いグリーンで、ピンまでおよそ23メートルの距離が残っていた。それでも、24歳はパットを手に取って距離を見定め、慎重に、かつ、しっかりと振った。

 放たれたボールはゆっくりと上り、そこから下っていく。決して勢いは強くないが、着実にピンの方向へ。20メートル、10メートル……距離がどんどん縮まっていっても、ラインから逸れない。ピン手前1メートルには先に打った選手のボールが止まっていた。しかし、それもすり抜けるようにして一直線。まさか――。息をのんだ次の瞬間、ボールはカップにキレイに消えた。

談笑していた実況&解説も一転熱狂…ファン大興奮「完璧な軌道」「なんと16秒」

 一気に沸き立つギャラリー。実況も大興奮で声を上げていた。ミラクルイーグルを決めたバーガーはすました顔で右手を挙げ、声援に応え、喜びをかみしめていた。

 実に23メートルのスーパーパットをPGAツアー公式ツイッターは「なんてパットなんだ。ダニエル・バーガーがダウンタウンからチェックイン」と動画付きで紹介。映像を見ると、バーガーがパットを放った後も、実況と解説は入ると思わず、戦況について談笑していたが、いよいよ入る直前になるとトーンを変え、入った途端に熱狂に転じていた。

 目の当たりにしたファンは、コメント欄で「グレートショット。完璧な軌道だ」「グリーンから超一流だ!!偉大すぎるパット」と大興奮の様子。「このパットは収まるのに転がった時間はなんと16秒だ」と実際にタイムを測り、凄さを伝えるファンまで現れていた。

 バーガーはこの日、出入りの激しいゴルフで3オーバーと出遅れてしまったが、タイガー・ウッズ(米国)が復帰して大注目の大会を大いに沸かせた。2日目以降の巻き返しに期待したい。