ユカイ工学株式会社は、12月1日、クッション型セラピーロボット「Qoobo」が、Kickstarterのクラウドファンディングサイトで目標額の200%を達成したと発表した。現在申し込み可能なのは、10,000円のプレッジから。商品の到着は、2018年9月頃となる。

「Qoobo」は、しっぽのついたクッション型セラピーロボットだ。撫で方によってしっぽの反応が変化するように作られており、そっと撫でるとふわふわと、たくさん撫でるとぶんぶんと、しっぽを振って応えてくれる。膝に乗せたり抱き上げたりするときにちょうどいい重さ・サイズ感で、撫でた時の肌触りにもこだわって作られている。

また、動きも実際の犬や猫のしっぽを模して作られたもので、生物のようにしなやかに豊かな表現ができるよう、各部分ごとに最適な素材を選択し、美しくリアルな動きを再現。いろいろな環境で人と過ごすことを考え、耐久性にも優れた構造になっている。日々の生活に癒やしを求める人や、ペットを飼いたくても飼えない、そんな人に最適な商品である。

同商品は、米国メディアパネル・イノベーションアワードにて特別賞「Special Award Gadget Nation Award」を受賞したのを皮切りに海外でも注目を集め、従来の20ヵ国(オーストラリア、ニュージーランド、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、ロシア、カナダ、アメリカ、シンガポール、台湾、中華人民共和国、香港、大韓民国、日本)に加えて、新たにヨーロッパ諸国とタイにも配送地域を拡大することに。世界中に優しさと癒しを届けるMade in Japan商品となった。

ユカイ工学株式会社
URL:https://www.ux-xu.com/product/qoobo
2017/12/01