11月29日、日本たばこ産業(株)(TSR企業コード:292148852、東京都、東証1部、以下JT)は、Palmer & Harvey(Holdings)Plc(DUNS:211041896、イギリス、以下P&H)が28日にイギリス企業倒産法に則した手続の適用を申請したことに伴い、最大221億円(1億4,800万ポンド)の取立不能または遅延が生じる恐れがあると発表した。
 債権を有するのはJTの子会社で海外事業を統括するJT International S.A(スイス、以下JTI)の管轄下にある法人。JTの担当者によると、「JTIの管轄下にある法人とP&Hは企業間の契約関係がある」という。JTの英国での販売量のうち、P&Hが約25%を占めている。JTは今後、取引関係のあるP&H以外の流通業者などを活用し、英国での商品供給を行う方針。
 JTは、「現時点では当社グループへの財務影響を合理的に算定することは困難」(リリース資料)として、業績予想を変更していない。JTの担当者は東京商工リサーチの取材に対し、「債権が回収不能になるのか、遅延して回収出来るのか読めないため」とコメントしている。
 なお、JTの2017年12月期の業績予想(連結)は、売上高2兆1,300億円、営業利益5,650億円、当期純利益4,020億円。

 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年12月4日号掲載予定「SPOT情報」を転載)

 TSR情報とは