元代表監督や選手も“敬遠” W杯で「同グループに迎え入れたくない」2カ国とは?

写真拡大

元フランス代表監督ブラン氏やドイツ代表FWミュラーはスペインとイングランドを警戒

 来年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が、いよいよ現地時間1日(日本時間2日午前0時)に開催される。

 ポット1からポット4まで振り分けられた各国のなかで、最も注目されるのは、ポット2の行方。ポット1に入った強豪国の関係者や選手にとっても、やはり避けたい“あの国”があるようだ。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の取材に答えたのは、前フランス代表監督のローラン・ブラン氏と、バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーだ。2010年から2012年にかけてフランス代表の再建を託されたブラン氏は、今回の組み合わせ抽選会のドロワーとして参加する予定。「我々は何度もドローの練習をしたよ。すでに4回やったし、明日も1、2回やるんじゃないかな」と話した同氏だが、組み合わせについてはこう話した。

「スペインが問題になるだろうね、なぜなら彼らはポット2にいるからだ。個人的な見解としては、スペインとイングランドがポット2にいる。数多くのチームが彼らを避けたいと願っているはずだよ」

 この意見は“現場サイド”も同様だ。11月30日にミュンヘンで取材に応じたミュラーも異口同音だ。

「W杯を勝ち獲るためには少しでも何かを…」

「そりゃ僕らはスペインやイングランドを、同グループに迎え入れたいとは思っていないよね」

 もっとも、いくら“敬遠”しても、組み合わせについては操作できるものではない。ブラン氏は「監督の立場としては何もすることができない。W杯を勝ち獲るためにはほんの少しのものでも何かを手に入れないといけないし、ここからそれが始まるんだ。どんなドロー、W杯でもUEFAチャンピオンズリーグでも同じだよ」と結果を受け入れるほかないとした。

 今回のポット2にはこの2カ国以外にもウルグアイというW杯優勝経験国が入り、難敵揃いだ。強豪国の中で“くじ運”に恵まれる、もしくは見放されるチームはどこか――。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images