椎名林檎、セルフカバー曲「人生は夢だらけ」MV公開 セルフコメンタリーやAbemaTV出演も

写真拡大

 椎名林檎が12月6日にリリースするセルフカバーアルバム第2弾『逆輸入 〜航空局〜』より、収録曲「人生は夢だらけ」のMVを公開した。

(関連:椎名林檎「人生は夢だらけ」MVはこちら

 「人生は夢だらけ」は、2016年に高畑充希が出演及び歌唱した、かんぽ生命「人生は、夢だらけ。」のCMソングとして書き下ろされた楽曲。『逆輸入 〜航空局〜』ではオープニングナンバーとなっている。MVは、児玉裕一が監督を務め、同作について「この曲であれば、唄っている様子をただ撮るだけで、今の本人が如実に映し出されるはず」「そのリアリティこそがロックだと思う」と語っている。なお映像のなかで椎名が着用している緑のコートは、椎名が母から譲り受けた四十五年もののヴィンテージで、ネックレスは椎名の四歳になる長女が針と糸を用いて作ったという。

 また、アルバムのリリースに先駆け、同作を紐解くオフィシャルライナーノーツと、椎名自身によるアルバム全曲コメンタリーが公開された。コメンタリーでは、収録曲の作者である椎名自身が全作品の解説を行っている。

 さらに、椎名は12月3日19時30分より特番『椎名林檎と彼奴等による入国審査』(AbemaTV)に出演。アルバム収録曲の編曲を手掛けた斎藤ネコと村田陽一、そしてエンジニアの井上雨迩を迎え、同作の制作現場となったレコーディングスタジオより、完成披露試写会として収録曲全てを初公開する。また、特番放送前の19時からは『椎名林檎 Music Video Selection』を放送する。

 なお、椎名は本日12月1日20時より放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演し、ドラマ『カルテット』(TBS)の主題歌「おとなの掟」を披露する。(リアルサウンド編集部)