画像提供:マイナビニュース

写真拡大

○オプション機能として加わったSSHクライアント

Windows10 バージョン1607(Anniversary update)から、SSH(Secure Shell)を暗にサポートしてきたWindows 10だが、現在のバージョン1709(Fall Creators Update)では、より簡単な操作でSSHの利用が可能になる。以前は、開発者モードへの切り換えや、サービスの設定など煩雑な操作を必要としたが、現在は「オプション機能」から追加するだけでよい。

これだけでSSHクライアントの導入は完了する。Microsoftは、2015年半ばからOpenSSHのWindows実装を目指しており、既にGitHub上では「Win32-OpenSSH」として開発してきた。

開発チームが当初掲げたロードマップによれば、最終ステップの「Production quality release」(生産品質リリース)に達しつつあることから、ベータ版としてWindows 10に取り込んだのだろう。

このように、従来はLinuxクライアントから実行してたSSHによるリモートアクセスが、コマンドプロンプトやWindows PowerShell上から実行できる。なお、SSH関連ファイルは「%SystemRoot%\System32\OpenSSH\」フォルダーに展開されるため、環境変数PATHの変更が必要だ。

PATHの変更処理は自動的に行われるが、コマンドプロンプトやWindows PowerShellの起動タイミングによっては、新しい情報を読み込めずに、ssh.exeを実行できないことがある。その際はWindows 10へ再サインインすればよい。

阿久津良和(Cactus)