2パターンの教官役を演じ分けた高橋一生

写真拡大

ダイハツ工業株式会社が「みんなの安全安心プロジェクト」活動の一環として、1日に高橋一生出演のWEB動画「安全安心ドライビングスクール 優男教官 篇/俺様教官 篇」を公開した。

【写真を見る】俺様系、優男系の高橋一生CMカット写真特集

この動画は高橋一生が、自動車教習所で優しく運転指導を行う「優男教官」と、ぶっきらぼうで当たりの強い口調で指導を行う「俺様教官」の2役を演じ、予防安全機能「衝突回避支援ブレーキ機能」と「コーナーセンサー」について紹介をするといった内容。「優男教官篇」では運転する生徒のハンドル操作に自分の手を重ね、優しくサポートしたり、「俺様教官篇」ではシャツをまくった筋肉質な腕を出しながらバックを披露、厳しい口調の最後に「やるじゃん」と褒めてくれるなど「こんな教官に習ってみたい」と思わせてくれるようなシーンが満載となっている。

10月に行われた撮影では、高橋一生がこだわりの役作りを披露。特に「俺様教官」は、高橋が昔教習所に通っていた頃に実際にいた先生をイメージして演技に臨んだという。また台本にはない「おしゃパン(=おしゃれなパンケーキ)」というアドリブが飛び出したり、カメラが回っていない時も生徒役の女優が車を操作して所定の位置に戻す際、高橋が助手席から教官さながらのサポートをする姿が見られ、スタッフも全員「かっこよすぎる...」と感嘆の声をあげていた。

高橋も「今回は、1人2役の対照的な性格の教官役ということで出演させていただきました。全く違う雰囲気の作品になっているので、是非、両方の作品をご覧いただき、それぞれ異なるドキドキ感や 2 人の教官のギャップをお楽しみ頂ければと思います」と自信を。「撮影前には、実際にスマアシを体感させていただきまして、実際に乗って体感してみるとすごい機能だなというのを改めて実感しました。この動画を見て、1人でも多くの方がお店に体感しに行って頂けると嬉しく思います」とアピールした。(ザテレビジョン)