ラッパーDMX、脱税の罪を認める

写真拡大

 2017年11月30日、DMXことアール・シモンズが170万ドル(約1.9億円)の課税を回避するために何百万ドルもの収入を隠したことについて、米ニューヨーク・マンハッタンの連邦裁判所で脱税の罪を認めた。

 判決は2018年3月29日に言い渡される予定だが、DMXが薬物とアルコール依存のリハビリを継続中の為、先送りされる可能性が高い。46歳のラッパー、音楽プロデューサー、俳優である彼は、今年7月に逮捕され、最長で5年の実刑判決を受ける可能性がある。

 DMXは可能な限り現金払いを要求し、印税の支払いを財務代理人の口座に入金させていたと米連邦検事のJoon Kimが声明で発表している。米国税庁は少なくとも2005年からDMXを捜査していた。