MrMax、49V型4K液晶テレビを4万8800円で発売。1インチ1000円以下、Wチューナー搭載で裏録画にも対応
関東、中国、九州エリアに出店している総合ディスカウントストア MrMaxが、49V型4K対応液晶テレビ「MTH-49WX4K」を発売します。価格は4万8800円(税別)。1500台の限定販売となります。

激安4Kテレビといえば、ドン・キホーテが50V型4K液晶テレビを5万4800円(税別)で販売していました。

これが最後の再販、ドンキ4K/50型TVの1400台予約開始。価格は5万4800円(税抜)


これよりもサイズは小さいものの、「4K対応テレビをもっと身近なものに」をコンセプトに開発したというこの製品は、1インチあたり1000円を切る価格を実現しており、激安と言っても過言ではありません。

4K(3840x2160)のIPS液晶を採用し、コントラスト比は1100:1。地デジ/BS/CSに対応したWチューナー搭載で裏録画に可能。4TBまでの外付けHDDも接続できます。

入力はHDMI 2.0 x 4、AV入力(RCA) x 1。光デジタル音声出力、3.5mmステレオヘッドホンジャックも備えます。USBも2ポート(USB 2.0 x 1、USB 3.0 x 1)あり、データ放送用のLANポートも装備。本体サイズは1105 x 296 x 711mm、重さ約12Kg。

ドン・キホーテのテレビは東芝製のメインボードを採用していたことでも話題になりましたが、MrMaxのものは、国内大手メーカーが開発したTVソリューションを搭載しています。

11月30日より全国のMrMax各店舗で予約を受け付け中。12月末より順次製品の受け渡しが行われます。なお、オンラインストアでの受付分はすでに完売しているとのことです。