【現地速報】東京コミコン2017にスター・ウォーズ/マーベル! コミコン初登場なのに最大級ブース

写真拡大

本日2017年12月1日(金)から、幕張メッセで、3日間開催される「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」に、スター・ウォーズとマーベルのブースが初出展!

【フォトギャラリー45枚】東京コミコン2017 スター・ウォーズ/マーベルブース

さっそく様子を取材してきました。

東京コミコン2017内最大級のブース!!

スター・ウォーズとマーベルと言えば、世界的にもとてもファンの多いコンテンツ。

初出展ながら、そのブースの大きさは、東京コミコン2017で最大級!

単なる展示ではなく、世界観を楽しみ、身体で感じられるよう「体験」がテーマ。

スター・ウォーズは話題のスマートトイ、本格ARゲームなど、最新の商品が集結。

マーベルは、迫力の等身大フィギュア、映画『ブラックパンサー』特別フォトスポット、超話題作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のパネルや、ネイルアートも登場しています。

スマホでR2-D2が動かせる!!

スフィロ「App-Enabled Droids」は、スマートフォンアプリで操作するスマートトイです。

「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラR2-D2™とBB-8™だけでなく、BB-9E™、R2-Q5™も。

単にラジコンのように動かせるだけでなく、スマホアプリを使ったAR(拡張現実)機能で、スター・ウォーズの銀河系を探検したり、ドロイド同士で交信させたり、様々な体験ができました。

R2-D2を自作可能!?

littleBits「ドロイド・キット」は、なんと自らの手でR2-D2を組み立てられちゃいます。

ただの模型ではなく、こちらもスマートフォンアプリで操作できるスマートトイ。

どのように動かすかは、組み立て方次第。

同梱されているBitモジュール、ドロイド・パーツを組み合わせれば、まったく新しいドロイドを作り上げることもできるそう。

スパイダーマンとリュウが対決! マーベル VS カプコン最新作

マーベルの体験コーナーには、2017年9月に発売されたばかりの「マーベル VS. カプコン:インフィニット」をプレイ可能。

マーベル・シネマティック・ユニバースのヒーローたちや、「ストリートファイター」シリーズ、「ヴァンパイア」シリーズ、「デビルメイクライ」シリーズなど、有名ゲームのキャラクターたちが、バトルを繰り広げます。

ほかにも、「Star WarsTM/ジェダイ・チャレンジ」 体験や、マーベルの生ける伝説スタン・リーのサイン会など、見どころはたくさん。

東京コミコン2017は、2017年12月1日(金)・2日(土)・3日(日)の3日間の開催。

当日入場券も購入可能なので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

【展示・体験の例】

スター・ウォーズ展示ゾーン、体験ゾーン

・スフィロ「App-Enabled Droids」 体験ゾーン
・littleBits「ドロイド・キット」 体験ゾーン
・Lenovo「Star WarsTM/ジェダイ・チャレンジ」 体験ゾーン

マーベル展示ゾーン、体験ゾーン

・XM スタジオ「スタチュー」 展示ゾーン
・カプコン「マーベル VS. カプコン:インフィニット」 体験ゾーン
・マーベルフォトロケーション
・マーベルオリジナルネイルアート体験by Auto Nail
・映画『ブラックパンサー』特別フォトスポット

ほか

■東京コミックコンベンション2017(東京コミコン2017)
幕張メッセ 国際展示場 ホール9・10・11
開催期間/12月1日(金)〜3日(日)

© 2017 MARVEL / © &™ Lucasfilm Ltd.