星野源、『映画ドラえもん のび太の宝島』主題歌・挿入歌に決定 挿入歌含む特報映像も

写真拡大

 2018年3月3日に公開される『映画ドラえもん のび太の宝島』の主題歌・挿入歌を、星野源が担当することが決定。あわせて、挿入歌入りの特報映像とポスタービジュアルが公開された。

星野源の挿入歌「ここにいないあなたへ」含む特報映像

 本作は、『映画ドラえもん』シリーズ38作品目を迎える最新作。ノビタオーラ号と名付けられた船で宝島に向かったのび太たちが、宝島に眠る財宝に隠された秘密に迫る模様を描く。

 メガホンを取ったのは、TVアニメ『ドラえもん』の演出を多数手がける今井一暁監督。脚本は、映画『君の名は。』『バケモノの子』の川村元気が務める。

 以前からドラえもんファンを公言していた星野は、今回のオファーを受け、新たに詞曲を書き下ろした。38年続く『映画ドラえもん』シリーズの歴史の中で、同一アーティストが2曲書き下ろすのは今回が初めて。

 このたび公開されたのは、油絵タッチのポスタービジュアル。“見つけたのは、宝物以上の、宝物”というキャッチコピーとともに、青い空と海、海賊衣装に身を包んだドラえもん・のび太・しずか・ジャイアン・スネ夫が、白い波しぶきを上げながら大きな帆船を走らせる様が捉えられている。海賊船の一員として登場するミニドラや、今作オリジナルキャラクターのオウム型ロボット・クイズの姿も。ドラえもんたちが見つめる先には、宝島が浮かんでいる。

 一方の特報映像には、挿入歌である星野の新曲「ここにいないあなたへ」の一部を収録。なお、本日12月1日に放送される『ドラえもん』(テレビ朝日系)では、本作の90秒の予告映像が初公開される。

■星野源 コメント大好きな『ドラえもん』の長い長い歴史の中に音楽家として参加できることを、とても嬉しく思います。今回の新作映画『のび太の宝島』、そして『ドラえもん』という作品そのもの、すべてを生み出した藤子・F・不二雄先生に向けて主題歌・挿入歌を書かせていただきました。ファンとしても公開の日を楽しみにしております。

(リアルサウンド編集部)