A MAN of ULTRA 公式オンラインストアにおいて、11月30日、『ウルトラマン』と『ウルトラセブン』の世界観を投影したデザイン眼鏡8種の予約受付が開始される。インパクトのあるモデルから普段使いできるデザインまで、各50本の限定生産コレクションである。

フィールズ株式会社と、株式会社円谷プロダクションが共同で展開するライセンスブランド『A MAN of ULTRA』は、青山眼鏡株式会社が展開するブランド「BLACK ICE」のセカンドライン「BLACK ICE Raise」との第2弾コラボレーション商品8種を発売した。


専用ケース・セリート

「ウルトラマン」のほか人気怪獣「ゼットン」や「バルタン星人」「ダダ」が新たに登場し、『ウルトラセブン』からはウルトラ警備隊の専用車「ポインター」をモチーフにしたデザインも発売される。全商品、専用ケース・セリート・専用化粧箱付き。価格は32,000円〜35,000円(税抜)である。

◆US-507(ウルトラセブン)

「ウルトラセブン」のボディをイメージしたレッド×シルバーのカラーリングで、モダン(先セル)にはアイスラッガーとウルトラアイのモチーフがプリントされている。どこかレトロな印象を備えた、懐かしさ漂う逸品である。

◆US-508(ポインター)

『ウルトラセブン』に登場するウルトラ警備隊の専用車「ポインター」をイメージしたシルバー×ブラックのカラーリングで、モダンにはポインターの型番「TDF PO-1」がプリントされている。シリーズ内では最もシンプルなデザインで、普段使いに最適だ。

◆US-509(キングジョー)

『ウルトラセブン』に登場する「宇宙ロボット キングジョー」をイメージした2色のゴールドを組み合わせたカラーリング。モダンにはキングジョーのパーツモチーフをプリント。重厚な色調がメカっぽさを演出し、男心をくすぐるデザインである。

◆US-510(ダダ)

『ウルトラマン』に登場する「三面怪人 ダダ」をイメージしたブラック×ホワイトのカラーリングで、モダンには「DADA」のタイポグラフィがプリントされている。色調こそシックだが、サイドのパターンが目を引くデザインである。

◆US-511(ウルトラマン)

「ウルトラマン」のボディをイメージしたレッド×シルバーのカラーリング。モダンにはウルトラマンのパーツモチーフと、「M78」のタイポグラフィがプリント。わかりやすいウルトラカラーで注目されること請け合いの商品である。

◆US-512(ゼットン)

『ウルトラマン』に登場する「宇宙恐竜 ゼットン」をイメージしたブラック×ホワイトのカラーリングで、モダンにはゼットンのパーツモチーフがプリントされている。シックなカラーだが、鋭角のモチーフが映える逸品である。

◆US-513(エレキング)

『ウルトラセブン』に登場する「宇宙怪獣 エレキング」をイメージしたホワイト×シルバーのカラーリング。モダンにはエレキングのパーツモチーフをプリント。一見、スマートな印象だが、見る人が見ればひと目でわかるサイドのパターンがファン心理を盛り上げる。

◆US-514(バルタン星人)

『ウルトラマン』に登場する「宇宙忍者 バルタン星人」をイメージしたブルーグレー×シルバーのカラーリングで、モダンにはバルタン星人のパーツモチーフがプリントされている。透明感のある色彩とコケティッシュに意匠化されたマークが、意外にもかわいらしく仕上がっている。

「BLACK ICE Raise」は“Raise”(上げる)の意味通り、掛けることによって己を高め、奮わせ、男らしさをアップさせることを目的として誕生したアイウェアであり、王道素材である「チタニウム」と「アセテート」を主素材に、メイドイン鯖江の確かな製造技術によって作られている。

ブルーライトカットレンズを標準装備し、PCやスマートフォン操作時の着用にも対応。スタイリッシュなフレームデザインをベースに、平面ではなく立体的な印刷加工を施すなど、手間を惜しまない作りは、まさにウルトラな男にふさわしい価値のある逸品である。

「A MAN of ULTRA」
URL:https://aman-u.jp
2017/12/01