ロシアW杯抽選会【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間1日(日本時間では2日0時)にロシアのモスクワで2018年に開催されるロシアW杯のグループリーグ組み合わせ抽選会が行われる。いよいよ目前に迫った抽選会を前に、ポット分けなどをもう一度確認してみよう。

 W杯組み合わせ抽選会のポット分けは10月時点のFIFAランキングによって格付けされる。出場する32ヶ国をそれぞれポット1からポット4まで割り振り、その次にポットから1ヶ国ずつ、グループAからグループHまでの8つに振り分ける方式だ。

 ポット1に関してはFIFAランキング上位7ヶ国(ドイツ、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、ポーランド、フランス)に開催国ロシアを含めた合計8チームが入ることが決まっている。

 そして、ポット2にはスペイン、ペルー、スイス、イングランド、コロンビア、メキシコ、クロアチア、ウルグアイの8ヶ国。ポット3にはデンマーク、アイスランド、コスタリカ、スウェーデン、チュニジア、エジプト、セネガル、イランの8ヶ国が入る形となった。

 日本代表を含むポット4にはセルビア、ナイジェリア、モロッコ、パナマ、韓国、サウジアラビア、オーストラリアの合計8ヶ国となる。本大会は来年の6月14日から7月15日まで開催される予定だ。2018年ロシアW杯グループリーグ組み合わせ抽選会のポット分けは以下の通り。

【2018年ロシアW杯グループリーグ組み合わせ抽選会のポット分け】

▽ポット1
ドイツ
ブラジル
ポルトガル
アルゼンチン
ベルギー
ポーランド
フランス
ロシア

▽ポット2
スペイン
ペルー
スイス
イングランド
コロンビア
メキシコ
クロアチア
ウルグアイ

▽ポット3
デンマーク
アイスランド
コスタリカ
スウェーデン
チュニジア
エジプト
セネガル
イラン

▽ポット4
日本
セルビア
ナイジェリア
モロッコ
パナマ
韓国
サウジアラビア
オーストラリア

text by 編集部