最近何だか身体の調子が良くない、精神が不安定になってきたと感じる中年男性のあなた。こういった症状は女性に多いとされる更年期障害でよく見られる症状ではありますが、女性だけでなく男性においても同じような障害が存在します。それもLOH症候群といわれるものです。

男性の更年期「LOH症候群」

女性と同様、男性にも更年期障害があり、男性の更年期障害のことは主に「LOH症候群」と呼ばれています。そもそも更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因となって、身体的・精神的な不調があらわれる症状のことであり、女性の場合は女性ホルモン「エストロゲン」が大きく関与しているものです。これに対して男性では、男性ホルモン「テストステロン」が欠乏することによって生じる障害であります。そのため、病気や風邪を患っているわけでもないのに心身の調子が優れないという男性の方は、LOH症候群を引き起こしてしまっている可能性が指摘されるのです。

こんな症状が見られたらLOH症候群の可能性が

LOH症候群を引き起こした男性の方には、理由もなしに不安感・憂鬱感・イライラに悩まされる、睡眠に問題を抱える、無気力で行動力が減退する、といった症状が見られます。そしてLOH症候群は男性ホルモン「テストステロン」の欠乏によって引き起こされることもあり、性機能の衰え・低下も見られます。そのためLOH症候群は時に、加齢男性性腺機能低下症候群とも呼ばれるのです。まさにこれら症状に悩まされているという男性のあなたは、LOH症候群となってしまっている可能性が高いでしょう。

男性更年期外来はほとんどないのが現状

残念なことに、このLOH症候群を専門とする外来はほとんどないのが現状のようです。女性の更年期と違い、男性のLOH症候群が認知されるタイミングが遅かったのがひとつの要因でしょう。しかしLOH症候群専門とはいかなくても、泌尿器科にて男性更年期障害、及びLOH症候群の診断や治療を行っているところもあるようです。実際にLOH症候群となってしまった方の中には、原因不明の心身の不調が原因で会社にも行けなくなったという方もおられます。LOH症候群を老化だから仕方ないと甘く考えていると痛い目をみることになるので注意が必要です。病院で診てもらうことで早急な解決に繋がるかもしれないので、LOH症候群に似た症状に悩まされている男性のあなたは一度病院を訪れてみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部