タイガー・ウッズ【写真:Getty Images】

写真拡大

9か月ぶり復帰戦でスーパーアプローチ炸裂…全米感動「史上最高が一歩を踏み出した」

 米男子ゴルフのヒーローワールドチャレンジは30日(日本時間12月1日)、大注目を集めていた元世界ランク1位、タイガー・ウッズ(米国)は5バーディー、2ボギーの「69」で回り、通算3アンダーで8位タイ。9か月ぶりの復帰戦で見事な滑り出しを見せた。14番パー4では第2打にスーパーアプローチが炸裂し、連続バーディーを奪取。PGAツアーは復活の“神アプローチ”を動画付きで紹介し、ファンは「史上最高がその一歩を踏み出した」「涙が出そうだ」と熱狂している。

 タイガーが帰ってきた。この日、最大の見せ場は14番パー4だった。

 第2打。上下黒のウェアをまとったウッズは、アイアンを軽やかに振り抜いた。放たれたボールはまっすぐにピン方向へ。そして、見事にグリーンを捉えた次の瞬間だった。ピン2メートル手前でワンバウンドしたボールは2バウンド目で急激なスピンでピタッと止まった。ピンまで1メートル。一瞬にしてコースは熱狂に包まれた。

 しかし、ウッズは表情を変えることなく、こともなげに手を挙げ、歓声に応えただけ。そして、楽々とパットを沈め、2連続バーディー。再びコースは喝采に包まれていた。このファンの反応が、ウッズがプレーすることの意味だった。

 PGAツアー公式ツイッターは、往年と変わらない“神アプローチ”を動画付きで紹介。映像を見ると、手術した腰痛の影響を感じさせず、軸がぶれることなく、しっかりと打ち抜いている。タイガー復活を実感したファンも次々と感動と感激の声を上げていた。

感動と感激の声が続々「戻ってきたんだな」「最高にクールだ」「涙が出そうだ」

「史上最高がその一歩を踏み出した」

「試合を戦う彼を見ることができるなんて、なんて光栄なんだ」

「戻ってきたんだな」

「最高にクールだ」

「君はヒーローであり、インスピレーションだ」

 このように続々とコメントが投げかけられ、「涙が出そうだ」との声を上げるファンもいた。いかに、偉大な存在であるかを物語っていた。

 5つ目のバーディーを奪ったウッズはこの日、5バーディー、2ボギーで回り、通算3アンダー。1アンダーの松山英樹(レクサス)らを上回り、首位と3打差の8位タイにつけた。復帰戦でいきなり好スタートを切ったウッズ。なかでも、熱狂を呼んだアプローチにファンの心は震えている。