1日放送の「ビビット」(TBS系)で、フリーアナウンサーでタレントの楠田枝里子が、これまで非公表にしてきた年齢を明かした。

「わたしが結婚しないワケ」のコーナーに楠田が出演し、東京・神楽坂にあるイタリアンレストランで未婚を貫く理由を語っていた。その冒頭、インタビュアーの赤荻歩アナウンサーが恐縮した様子で、まず楠田の年齢を尋ねたのだ。

楠田はこれまで年齢を非公表としてきたが、この質問に対して「今年、前期高齢者になりました!」「65(歳)! すごいでしょ!?」と回答。番組によると、楠田がテレビで年齢を告白したのは、これが初めてだという。

続けて楠田は、日本人は年齢で人を判断する悪い癖があると指摘。そんな風潮に対し、「いくつになろうと私は私」という考えを持っていたため、年齢にこだわって発言することを特にしなかったそうだ。

だが、65歳となった楠田は心境の変化を迎え、年齢を明かすことで「こんなステキな年代ですよ」と伝えたくなったとのことだった。さらには、「これからは何かあったら私は介護してもらえるの!やったねという感じ」と、シニアになったことをうれしそうに語っていた。

【関連記事】
麒麟・田村裕 父親の死をテレビ初告白「最後は幸せやったと思います」
黒柳徹子がテレビ初告白した前髪の秘密 会場からは「頭いい」の声
あまちゃん女優・美保純「笑いながら怒る」大物俳優との熱愛をテレビ初告白