薬味感覚の大根おろしが主役に……! 大根の時期になると、大根おろしにほかの食材を入れ食べるのが好きだと友達に話したら、『鬼おろし』をおススメされたとよ。『鬼おろし』って? おろし器具??

薬味を主役に! これからの時期、鍋に大活躍の大根おろし器具が『鬼おろし』

これからの時期、
鍋に大活躍の『大根おろし』
薬味感覚の大根おろしが主役に……!!

今回、そんな大根おろしに
大根の食感も味わえるという
おろし器具をレポート。

大根の時期になると、
大根おろしにほかの食材を入れて
食べるのが好きだと友達に話したら、
『鬼おろし』をおススメされたとよ。

『鬼おろし』って?

おろし器具??

大根が主役になるよ〜!!って。

『鬼おろし』?『大根おろし』じゃなくて〜。

『鬼おろし』と、名前の由来を調べてみたよ。

竹の刃が鬼の歯を連想されることから
名づけられたそうです。

素材は天然竹素材の竹で作られ、
竹は熱の伝導率が低いため、
食物をおろすのに熱を持たず、
素材を粗くおろせることで、
水分や食物繊維が逃げにくく、
シャキシャキと
ふわふわの大根おろしになるらしい……。

[大きさ・W34cm×H13cm 価格¥1670(税別)]

江戸時代後期からあるようです。

栃木の郷土料理「しもつかれ」を作るときに、
欠かせない器具らしいです。

粗く大根をすりおろすのに使うらしい。

九州の私は、「しもつかれ」?
はじめて聞きました。

ちなみに熊本の郷土料理は「だご汁」です。
そんなのはどうでもよかね〜。笑。

今回この商品は、
鹿児島産の竹で、
職人の手で製作している日本製です。

握り手も持ちやすく、
竹でできているので、
竹の香りがして和みます。

「ザクザクザク」と
音を出しながら
すりおろしされる大根。

家にあるおろし金とは
ぜんぜん違う!!

ふわっとした大根おろし。
お皿に水分が出ない!!

ひっくり返し、「トン」とすれば、
おろし側についていた食材が取れます。

粗い大根おろしが完成。

大根おろしのみで食べてみました。

大根だけでも充分なおかずに。

今まで食べていた大根おろしとは
ぜんぜん違う!!

大根の甘みが感じられ、
食感もあり、みずみずしく美味しい。

いつも使っているおろし金で
おろした大根だと、
水分が出てしまい、
シャリシャリはないのに……。

見た目でもわかるけど、
サクサク感が感じられます。

この甘みは、
『鬼おろし』で粗くおろすことで、
辛み成分を抑え、
水分が出ることなく
栄養たっぷりの大根おろしが
できるそうです。

栄養タップリの大根おろし。

胃腸の働きを助ける効果(これ、二日酔いによかね〜)
殺菌作用
美肌効果UP!
びっ、美肌!!

これは毎日でも食べなきゃ、だ!!

そして
ダイエットにも良いそうです。

栄養逃さない大根おろし、
『鬼おろし』すごかね〜。

使用した「鬼おろし」は
水でざっと洗うだけで、
すぐにキレイに。

天然素材なので、
乾いたふきんでふき取り、
風通しの良いとこで保管!!

これ、大事かばぁ〜い〜。

『鬼おろし』を使って大人男子をメロメロにする家庭料理に挑戦ばい!

友達に、
この鬼おろしで「からみ餅」を
作って食べてもらいたい!!と言われ……。

さっそく、作って食べました。

[からみ餅 鬼おろしver.]

「うまかぁ〜」この一言です。

大根の甘味と食感を味わいながら、
柔らかいお餅にほどよい大根に水分があることで、
ペロッと食べちゃいました〜。

大根おろしも主役になります。

次は、「レンコン」。

レンコンおろしには
まったく水分が出なく、
きっちり粘り気もあり、
いい感じのすりおろしができました。

[れんこん餅 鬼おろしver.]

すりおろししたレンコンに
片栗粉・調味料を加えごま油で焼き
「れんこん餅」を作ってみました。

レンコンおろしに水分が残っていたからなのか、
卵もいれていないのに、
つくねみたいな食感でした。

これは、お酒に合いそう〜。

人参は水分なく、
みじん切りより少し細かい感じに
おろしができました。

もしかしたら、
みじん切りしたいときは
「鬼おろし」を使えば
いいかもしれません。

きゅうりは、
さすがに少し、
水分が出てきました。

[大根と人参ときゅうりのチョップ風サラダ 鬼おろしver.]

「人参・きゅうり・大根」を
すりおろししただけなのに、
サラダ1品できました。

ポン酢をかけ、
残り半分は、
納豆と大根おろしの組み合わせが好きなので
納豆入れて食べちゃいました〜。

これは、もう、毎日でも食べちゃう〜。

一品なのに、2度楽しめました(笑)。

玉ねぎは、
涙目になってしまうので、
冷蔵庫に入れて
冷やしてからやるのが
おススメです。

おろしを続けていると、
あたりまえですが、
小さくなりますよね〜。

玉ねぎって、そういえば……、
1枚・1枚なっていましたね〜。

最後は限界。

これは、
包丁を使ってみじん切り!!
しょうがなかね〜。

せっかく玉ねぎも試してみたので、
「オニオンドレッシング」にしました。

[適当サラダ 玉ねぎドレッシング 鬼おろしver. ]

醤油・酢・オリーブオイルを入れただけの
ドレシッングですが……。

「あっ。そうだぁ〜!!」

すりおろしした玉ねぎと
焼肉のたれを混ぜ合わせても
おいしいドレッシングになるかも〜。

次回やってみよ〜っと!

王道の
「ヨーグルトすりおろしリンゴ」を
やってみました。

リンゴは、皮つきですりおろしていたのに、
すりおろししていくと、
少し皮が残ってしまいました。

薄く皮がむけるので、
これは、体調悪いときに、
リンゴすりおろし作りに良いかも!!

しょうがは、
「鬼おろし」で
すりおろしたほうが、
粗くすりおろせるので
水分が出ないですけど、
さほど違いはないように思えます。

普段は、しょうがを冷凍保存しているので、
冷凍保存のしょうがも比べてみました。
違いはあまり見えんね〜。

冷凍しているしょうがは固かけん、
おろし金がよかったです。

鬼おろしですりおろしをするより、
おろし金を使って細かくすりおろしたほうが
よか気がします。

[豚肉のしょうが焼き 鬼おろしver.]

しょうがが主役の
「豚の生姜焼き」を作りましたが、
ここは、おろし金でもよかったかぁ〜って。

最後は、男性の98%が大好き(独断)な『カレー』です!

[とどめのチキンカレー 鬼おろしver.]

レシピ本を見ていたら、
「玉ねぎ・人参・しょうが・にんにく」の
すりおろしが必要な
「チキンカレー」を発見。

いつもと違うレシピで、チキンカレーに挑戦です!!

男子はみんな、カレー好きやけんね!!

鬼おろしで、
玉ねぎ・人参・しょうがをおろしました。

鬼おろしは、みじん切りより細かく、
おろし金より粗く、
程よい大きさになり、
食材が生かされて、
おいしいチキンカレーができたばい!!

ハンバーグ・ミートソースなど、
みじん切りの工程には使えるかなぁ〜?

ニンニクは、前回紹介した
『ガーリックツイスト』

これは、前回のコラムで登場しました(笑)。

『鬼おろし』、
いろいろと試してみた結果、
粗くすりおろしができ、
水分がほとんど出ないことで、
食物の栄養を逃さないで、
食材の食感もあり、
大根おろし大好きな私には最高です!!

これだけで一品出来るけん、
大根おろしにオクラ・もずくとか……入れて、
お酒のおつまみにもできるば〜い。

早く、未来のだんなさんと、呑みたかね〜。

田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。