高杉真宙、浜辺美波主演『賭ケグルイ』に出演 「初日からポチと呼ばれてボコボコにされた」

写真拡大

 高杉真宙が、MBS/TBSドラマイズム枠で2018年1月より放送されるドラマ『賭ケグルイ』に鈴井涼太役として出演することが決定した。

(参考:浜辺美波、実写ドラマ『賭ケグルイ』主演に決定 「皆さん、是非一緒に賭ケグルイましょう!」

 同ドラマは、『月刊ガンガンJOKER』で連載中の同名コミックを、『君の膵臓をたべたい』の浜辺美波主演で実写ドラマ化したもの。ギャンブルの強さが生徒たちの階級を決定する私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子が、壮絶な駆け引きと騙し合いに身を投じていく模様を描く。『ヒロイン失格』『あさひなぐ』の英勉が監督を務める。

 高杉が演じる鈴井涼太は、気弱で博才がなく、ギャンブルの強さが全てとされる百花王学園において、最下層とされる家畜“ポチ”に身を落とすも、転校してきた夢子に救われ、その後、彼女と行動を共にするパートナーとなる人物。このたび、鈴井のキャラクタービジュアルと、家畜として他生徒の椅子にされる鈴井の衝撃の“ポチ”ビジュアルも公開された。

 初日を迎え、初めて鈴井を演じた高杉は「初日からポチと呼ばれてボコボコにされたり、ずっと叫びながら挙動りまくっていたりと、今まで演じたことがないキャラクターなので、めちゃくちゃ楽しかったです。『賭ケグルイ』は濃いキャラのぶつかり合いなので、他の方の演技を見て、鈴井のキャラを一段と濃くしてやろうという気持ちでやらせていただいています」と意気込みを語っている。また、『トリガール!』に続き、2回目となる英監督とのタッグについては、「英監督の作品では毎回、挑戦的なことをやらせていただけ、自分の新しいものが見えてくるので、これからが楽しみで仕方がないです」とコメントを寄せた。

■高杉真宙(鈴井涼太役)コメント全文

撮影が始まって、初日からポチと呼ばれてボコボコにされたり、ずっと叫びながら挙動りまくっていたりと、今まで演じたことがないキャラクターなので、めちゃくちゃ楽しかったです。『賭ケグルイ』は濃いキャラのぶつかり合いなので、他の方の演技を見て、鈴井のキャラを一段と濃くしてやろうという気持ちでやらせていただいています。英監督の作品では、毎回、挑戦的なことをやらせていただけ、自分の新しいものが見えてくるので、これからが楽しみで仕方がないです。最初からエンジン全開でガンガン攻めていきたいと思いますので、楽しみにしていてください!

■英勉(監督)コメント

真宙君は一生懸命にやるほど面白いです。真面目に考えてやればやるほど笑えます。初日から“やりたがり”が溢れ出ていましたが、まだまだやりましょう。

(リアルサウンド編集部)