投資家としての評価は?(撮影:今井康一)

10月27日の発売開始後すぐに10万部を突破し、早くも「2017年最高の書」と高い評価を得ているナイキ創業者の自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』。
「もの言う株主」として多くの日本企業を分析、経営への提言を行ってきた村上世彰氏に、投資家として初期ナイキを評価してもらった。
聞き手:佐藤 朋保(東洋経済新報社 翻訳委員長)

投資しろと言われたら、逃げていた


「SHOE DOG」特設サイトはこちら

――創業当時のブルーリボン(ナイキの旧社名)に投資してくれと言われたら、どう判断しますか?

逃げていたでしょうね(笑)。というのも、フィル・ナイトが立ち上げたブルーリボンという会社は、まさに家内工業のようなもの。会社組織としての体裁はまるでない。

ブルーリボンのオフィスを初めて訪れたオニツカ氏が、ベニヤ板の仕切りや、やりがささった割れた窓などを見て絶句するシーンがあります。きっと私でもそうなると思う。

それに、フィル・ナイトは、その訪問以前に、オニツカ氏に手紙で「世界をまたにかける本社」だとハッタリを利かせていた。聞いていた話と現実とのこの落差。オニツカ氏は寛大に接したようですが、私なら、「ああ、うそつきと会ってしまった」と思ったかもしれません(笑)。

思うに、フィル・ナイトはリスクを取りすぎています。非常に危ない。たとえば、社員のウッデルの両親が貯金をはたいて、8000ドルをフィルに渡していますよね。しかも、ウッデルは事故で半身不随となったために、医療費で生活に困窮しているはずなのに。内輪で、そういった「いちかばちか」のめちゃくちゃなことをやっている。

これこそがベンチャー、とも言えるかもしれませんが、私はリスクをとるよりも、期待値で考えます。期待値で考えるというのは、一言で言うと、過去と現在の情報・経験から導き出した予測で判断するということ。だから、フィル・ナイトのようないちかばちかの経営に投資することは、私にはできない。

しかし、そこには、会社を育てるというダイナミズムがあり、そういうベンチャーだからこそ成功するともいえる。そこに価値を見いだし、共にナイキを育てたのが、日商岩井だったのでしょう。

――日商岩井は、ナイキを強く支援していますね。

この本を読んで驚いたことが3つあります。1つは、ナイキが自分の想像以上に歴史の浅い会社であること。2つ目は、ナイキが日本の企業(オニツカ)によって始まったこと。

3つ目に、特に驚いたのが、日商岩井がナイキ(ブルーリボン)を助けたことです。当時のナイキはアメリカの銀行にさえ見放されてしまうような会社です。最終的に3兆円企業となるとはいえ、初期のシーズの段階で同社に目をつけて徹底的にサポートした理由は何なのか。日商はいったいどこで利益を上げていたのか。

しかも、本には書かれていない1980年以降にも、日商はナイキを助けています。日商は、日銀総裁を務められた速水優氏が社長をしているようなしっかりした会社でした。そんな会社が、なぜそこまで。投資家として、たいへん興味があるところです。

ナイトのエネルギーがナイキを世界的な企業にした


村上 世彰(むらかみ よしあき)/1959年大阪府生まれ。東京大学法学部卒。1983年通産省入省。16年強にわたり国家公務員として務め、1999年、M&Aコンサルティングを設立。2006年までファンドを運営。現在はシンガポール在住。2017年、文藝春秋より『生涯投資家』を刊行。株取引に興味を持った幼少時代、「村上ファンド」(M&Aコンサルティング)を率いてもの言う株主として一躍表舞台に出た投資家時代、インサイダー取引容疑で逮捕・有罪判決を受けたその後の活動などを赤裸々に語った同書は、ベストセラーとなっている(撮影:今井康一)

――あえて推測すると、なぜ、日商はナイキを助けたのでしょうか?

フィル・ナイトという異才を買った、その人物の人間的な魅力にひかれたということかもしれません。また、靴という商品でも、ナイキという会社が販売すれば多くの利益を生むのではと考えたのではないでしょうか。

――そんなに危うい経営のナイキが、なぜ世界的企業になれたのでしょうか?

創業者が「フィル・ナイト」だったからでしょう。それしかない。彼は陸上選手でしたが、偉大な選手になるという夢はかなえられなかった。でも、スニーカーという製品で夢を果たそうとした。それは、「このシューズなら僕はもっと速く走れる」というアスリートの夢を実現しようとしたのではないでしょうか。

彼は、ビジネスとしてはめちゃくちゃなことをしています。でも、自分の目指すスニーカーを作って世に広めるというところは、筋が通っていて揺るぎがない。その根底にあるのは、1つのものに情熱を注ぎ続けるエネルギー。そのエネルギーの強さを、否応なしに感じました。靴のビジネスを続ける資金を得るために、副業で会計士までやっていたなんて、脱帽です。

「たまたまうまくいった」という言葉がありますが、偶然だけでうまくいくことはない。根本的なエネルギーが必要です。成功するためにいちばん重要なものは何か。頭がいいとか、もともとおカネを持っているということよりも、「何かを創り上げたい」というエネルギーでしょう。

私はこれまで、起業家などいろいろな人たちに会う機会がありました。何かを成し遂げる人は、「これがやりたい」という自分の主張があり、エネルギーをもっています。フィル・ナイトは、そうしたエネルギーが相当に強い。そして、その強いエネルギーは彼がもともと持って生まれてきたものだなとも思う。きっと彼は、何をやっても成功したとさえ思います。

――ベンチャー企業を取り巻く環境は、今と昔でどう違うでしょうか?


12月3日、下北沢B&Bにて『SHOE DOG(シュードッグ)』刊行記念イベント、「かっぴー×鎌田慎也『なぜ私たちはNIKEに魅せられるのか?』」が開催されます。詳しくはこちら

私は今、関連会社を通じてアメリカのベンチャー企業に多額な投資をして、筆頭株主になっています。トレードシフトという名の会社で、企業間取引のクラウドプラットフォームを提供しています。この会社の最初の大型顧客はナイキ本社です。ナイキだけで、1兆円規模の取引の処理をしています。ナイキのシステムを作るのに、人件費も入れると10億円くらいかかっていると思います。先行投資型のビジネスで、今はおカネがない。いわゆる自転車操業です。まさに、昔のナイキと同じですよね。

でも、その頃と比べたらいまのほうが資金集めは楽だと思います。銀行だけではなく、ファイナンスのシステムが発達していますから。先に話したウッデルの両親からの8000ドルの話が象徴的ですが、内輪から資金を調達するのではなくて、ベンチャーキャピタルがあるなど、今ではもっとシステマティックになっています。

――村上さんがファンドを運営していた2000年代と、今の違いは?

2000年ころは、堀江貴文氏や三木谷浩史氏のように、価値のあるアイデアを持った人が率いる企業におカネが集まっていました。それが現在ではもっと進化していて、アイデアを出した瞬間に、何十億というおカネが集められる時代になっています。これはファイナンスの仕組みが、インターネットの普及とともに、進化したから。

しかしナイキの場合はITではなく、製造業ですから、もっと大変だったと思います。日本で製造業のベンチャーというと、ユニクロ(ファーストリテイリング)の柳井正氏が思い浮かびます。彼と初めて会ったのは、私が通商産業省(通産省。現・経済産業省)にいたときで、すでにユニクロは上場していました。

今思うと、当時、柳井さんも自分のやりたいことを思いきり話していました。フィル・ナイトのように自分の発想を世界に打ち出していました。そして、いまやユニクロはファストファッションのブランドとして、アジアを中心に世界に進出している。世界で表現している日本発の唯一のアパレルじゃないでしょうか。私は、海外でユニクロをみると、とてもうれしくなります。

『シュードッグ』でチャレンジ精神を学べる

――柳井さんとフィル・ナイトは似ている?

やはり、いちばん似ている部分は、思い込んだらとことんやり遂げるというところではないでしょうか。

――柳井さんやフィル・ナイトのような起業家は、これから増えるでしょうか?

ファイナンスがしやすくなっているので、起業家は増えると思います。ただ、インターネットとその技術にそこまで依存しない、流通や製造の業界では少し難しいかもしれませんね。

日本でも、もっと起業にチャレンジしていく人が増えてもいいと思う。でも、今の日本は閉塞感があって、アメリカに比べるとチャレンジしにくい。

さらに、ノーベル賞を取るような研究者でも新しいITの発明家でも、世界の学会やマーケットを対象にしなければならないので、海外に出ていく人が多いように思います。日本という国でビジネスをすることにあまり意味がなくなっているのかもしれません。

ですが、日本のマーケットは安定していて、何をするにもやりやすいという面もある。フィル・ナイトの「チャレンジ物語」は、今の日本に対して重要なメッセージになりうるのではないでしょうか。